昨今のリノベーションという新築とは違う「家の持ち方」が注目されてきています。

これは、今ままで「新築」一辺倒だった日本の住宅事情に大きな変化をもたらし、

マイホームをお考えの方にとっては、選択肢が広がり良い傾向になっています

これが事実のリノベーション業界です

今も一昔と変わらず同じことの繰り返し

一昔前に住宅事情は、大きな転換期を向かえました。それは、土地と建物が一つになった

「建売住宅」という住宅。元々は、大手の不動産会社さんが始めた事業でした。比較的

誰もが住宅を持ちやすいようにと言う意向から始められた事業が、爆発的に

広がるようになり、至る所の不動産屋さんも同じ様に始めました。それにより

「住宅」という物が、誰もが手にしやすい物になっていきました。この流れ自体は

非常によい流れでしたが、それにより「利益優先主義」の不動産屋さんが増え

結果的に「欠陥住宅」「見栄えだけの住宅」が増えていきました。

今のリノベーションは売れればそれでよいの繰り返し

建売住宅が、盛んになっていき町並みは一気に同じような建物ばかりになっていきました。

その理由は、ずばり「流行のスタイル」が人気で売れるからです。もちろん流行は大事です。

少し前までは、リノベーション業界では、「温もりのある家」とか「木の暖かみのある家」

とかという、「自然素材」を売りにしたリノベーションばかりでした。しかし昨今は

「カフェ風」や「男前」といった少しハードなリノベーションが人気です。その人気に

すぐに飛びつくのが、「不動産屋さん」もしくは「リノベーション会社さん」です。

その理由は、はやり「売れる」から。そう売れればそれでいいという考え方の為

人気のスタイルを追いかけ、技術が追い付いてこない為に見かけだけのリノベーションに

なってしまい結局次から次へと「提供するリノベーションのスタイル」が変わって行くわけです

提供する側がこだわりと自信があるから変わらずに提供しているはず


少しインターネットなどで検索して頂くと、色んなリノベーション会社さんが出てくると思います

その中で、自分たちのこだわりや自信があるスタイルを提供し続けている会社はどれくらい

あるのでしょうか?「温もりのある家」や「暖かみのある家」「自然素材しか使わない家」など

少し前までは、沢山のリノベーション会社さんがこれを「売り」にしていました。しかし今では

ほとんど見かけなくなってきました。しかしその中でも、今でもこれらを「売り」にしている

リノベーション会社さんもあります。その理由は、

「自分たちのこだわりと技術に自信があるから」

です。自分たちが提供するリノベーションのスタイルに自信やこだわりがあるからこそ

そのスタイルは、一生変わらずに提供し続けているはずです。だから流行に流されることなく

今でも「温もりのある家」や「暖かみのある家」「自然素材しか使わない家」などといった

スタイルのリノベーションを提供し続けているのです。私たちもスタイルは違えど

自分たちのこだわりと技術に自信があるから、このスタイルを変える事はできません。

ハリボテリノベーションはもうやめよう

リノベーション業界は、ここ数年で大きく成長した業界です。その為技術や知識が不足している

会社が多いのも現実です。その時その時の流行のスタイルに、なんとか合わせてそれらしく

見せているというのが、今のリノベーション業界の現状です。

提供する側が、こだわりや自信があればそのスタイル・デザインは、流行に流されるという事は

ないはずです。またそのスタイルやデザインだけを追求しているはずだと思います。

それは自分たちの信念をきちんと持っているという証ではないでしょうか。