引戸とすることを基本と考えています。引戸のメリットは、開き戸の様に開いた時に

邪魔にならない。特にマンションの場合は、廊下に面して扉が並んでいる為開いた時に

邪魔になってきます。また引戸とすることで空間を仕切ったり、閉める必要がない時には

開けとくことで風の通り道となり家全体に風が通るようになります。

ただメリットばかりではなくデメリットもあります。

 

開き戸と違って引戸には扉を引くスペースが必要になってきます。引きしろと

言われるスペースです。このスペースが取れない場合もあるため、この場合は開き戸と

する場合もあります。引きしろが取れない場合に、壁と壁の間に扉をしまう「

引き込み戸」というのがありますが、この「引き込み戸」は扉が故障した時に

交換が容易にできないので、メンテナンスを考えるとやめるべきだと思います。

賢いプランニング一覧へ戻る