昨年末にお引渡しをしました、神戸市リノベーションOさん邸。カウンターの椅子が

お引渡し時点で、納期が1月中旬ごろとお聞きしていてようやく椅子が届いたそうで

カウンターに椅子を設置した画像を送って頂きました。リノベーションで作った

カウンターとお揃いのオーク材と鉄の組み合わせのカウンターチェアをご紹介したいと思います

カウンターとお揃いのアイアンとオークの組み合わせ


リノベーションで作ったカウンター。沢山の種類のある「突板」(突板についてはこちら

からオーク材を選ばれたOさん。そのカウンターとお揃いのオーク材と鉄で作られた

カウンターチェアです。

◎ワンポイント:オーク材とは、日本名が楢と言われる木材で 堅固で木目が美しく、

家具材などとして重宝される木の種類です

フレームは鉄(アイアン)で作られているのですが、大量生産で売られている鉄の

フレームの場合、傷や汚れが付きにくい様に、鉄のフレームの表面に保護材が塗られて

います。一方こちらの鉄のフレームは、Oさんが求めていられたお部屋の雰囲気が

キズや汚れも味となるビンテージテイストでしたので、その雰囲気に合うように

保護塗料が塗られていない、傷や汚れも味となる物を選ばれました。

また座面や背面に使われている材料は、木の持つ質感や風合いが一つ一つ違う

無垢材で出来ています。大量生産の椅子も質感や風合いが良いものが沢山ありますが

更にお部屋の雰囲気にあったこちらのカウンターチェアを選ばれました。


オーク材と鉄で作られたこちらのカウンターチェアと同じリノベーションで作った

オーク材のカウンターとで合す事で、部屋の統一感が出たのではないでしょうか。

ただこのカウンターチェアの特徴でもある、鉄のフレームが少し重いという事ですので

カウンターチェアを引いた時に、無垢材の床は傷がつきやすい為床に傷が付くかもしれない

という心配事があるそうです。傷を防ぐ方法としては、カウンターチェアの脚の部分に

キャップなどをすることで、傷も多少は防げますので傷が気になるという方は

カウンターチェアの脚の部分に、保護キャップを付けて防いでみてはいかがでしょうか。

こちらの椅子はムクモさんという所で購入が出来ます【ムクモ】https://muku-mo.com/

椅子や家具・小物選びなどもリノベーションでの楽しみの一つではないでしょうか。

カウンターやダイニングテーブルの椅子選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

【合わせて読みたい】→ModernTimes 神戸リノベーション

【合わせて読みたい】→【あなたの家も大変身!】リノベーションカフェ・ビンテージ 事例集