ここではリノベーションの工事の順番を写真と共にみていきましょう工事が実際にどのように進んで行くのかを簡単ですがご説明です。

その1まずは解体作業

IMGP9650 IMGP9668

なにはともあれ全ては、この解体作業からスタートです。床を剥がしたり天井を落としたりします

その2窓枠などの設置作業

IMGP9672 IMGP9673

解体が終わると窓枠を新しく設置していきます。ほとんどの団地の場合、この窓枠腐っていたりしますので取り替えます。

その3外壁面に断熱材を施工

IMGP9685 IMGP9691

建物の外周面に断熱対策として断熱材を施工していきます。最上階の場合は天井にも断熱材を施工します

その4電気配線などを仕込みます

IMGP9696 IMGP9698

断熱材の施工が終わると各部屋に配線される電気配線を仕込んでいきますこの時に各部屋のスイッチやコンセントの位置も出していきます

その5壁下地を作っていきます

各部屋の電気配線の仕込みが終わると、壁の下地を作っていきます

その6乾式二重床・間仕切壁を組んでいきます

いよいよ乾式二重床を組んでいきます。この時窓際 は床と壁の間は5mmほど隙間をあけます無垢材は伸縮するため隙間を空けて施工していきます。レーザーを使って水平垂直を出したのちに間仕切り壁の下地を組んでいきます

その7天井仕上げの作業

IMGP9735 IMGP9736

間仕切り壁の施工が終わると天井仕上げの作業に移ります。下地を作って天井を新たに作る場合は間仕切り壁の施工と一緒に施工します

その9無垢フローリング張の作業

IMGP9788 IMGP9789

いよいよ無垢フローリングが張られていきます。この時乾式二重床窓際の施工と同じように各フローリングの間には、伸縮を考慮して若干の隙間を取って施工されます。傷がつかないように施工されるとすぐに養生されるので、見れるのは一瞬ですね。

その10壁の仕上げやタイルが張られていきます

IMGP9810 IMGP9812

珪藻土の下地や塗装仕上げの下地が施工されたのち各仕上げにかかります。タイル張りの箇所も施工されていきます

その11ハウスクリーニングなどののち完成です

ハウスクリーニングや手直しをしたのち完成です。簡単ですが工事開始からお引渡しまでの流れです。完成までおおよそ2が月ぐらいです