キッチンで家事作業をしていると、腰が痛くなるという事があると思います。

使いやすいキッチンにするには、まずはあなたに合ったキッチンの高さがを

選ぶことから始まります。実は意外にキッチンの高さをどのように決めればいいのか?

を知っている人は少ない。カタログやショールームでは教えてくれないキッチンの

最適な高さの求め方について簡単ですがご説明したいと思います

使いやすいキッチンの高さについて

キッチンの高さの求め方

キッチンの高さってどう決めていますか??一般的に使いやすいキッチンの高さを

求めるには身長÷2+2.5センチという公式があります。例えば身長が160センチの

人ならば160÷2+5センチ=85センチという具合になります。

メーカーのキッチンの高さ寸法

メーカーのキッチンでは、80・85・90センチといった5センチ刻みの寸法が

標準仕様になっています。これは人間工学に基づいて出された標準的な高さを

参考にしています。しかしこれはあくまでも標準なのでこれ以外の場合はどうすればいいのか?

オリジナルキッチンで対応する方法

キッチンの高さは、使いやすいキッチンにする為にはとても重要です。上記でご説明した

使いやすいキッチンの高さの出し方では、86センチや87センチと言った具合に

中途半端数字が出る事があります。85センチを使えば問題ないか。と思いがちですが

この1センチがキッチンでは使いやすくなるか使いにくくなるかが分かれる所です。

しかしメーカーではこういう中途半端数字のキッチンには対応していません。

そこでもう一つの方法として「オリジナルキッチン」という方法があります。


作ると聞くと高くつくのでは?と思いがちですが決してそんな事はないです。

もちろん凝った作りにすると高くなってしまいますが、引き出しや食洗機などを最低限で

納める事でシステムキッチンよりも安く収まる事があります。

オリジナルの場合のメリットは、高さが自由に設定可能や引き出しの位置や形状などが

自由に決めれるという所。もちろんデメリットもあります。一つは現場組合せになってしまうので

たまに変更が生じる事などがあります。しかしキッチンの高さは数センチ単位から決めれるので

システムキッチンの様に決まった高さから選択という方法ではない為、使う人のベストの高さに

設定できるので食器洗いなどの際に腰が痛くなるという事は減らせると思います。

まとめ

キッチンと言うのは常日頃使う場所の一つです。ご自身にあったキッチンを選ぶことが

大事です。今回ご説明した高さはあくまでも基準です。実際に今使っているキッチンの高さを

参考にどの高さが一番か?を体感しながらキッチンの高さを決める事を大切です

日常頻繁に使う場所だからこそ、こだわりたい部分の一つがキッチンではないでしょうか。

使いやすいキッチンにする為には、レイアウトも重要ですがあなたにあったキッチンの

高さを選ぶことがよりよいキッチンへの第一歩になるのではないでしょうか。

当事務所では、使いやすいキッチンの選び方についても重点を置いてますので

キッチンでお困りの方やお悩みの方は、一度ご相談下さい。

キッチンでお困りの方やお悩みの方はこちらからご相談下さい