水回りリフォームでキッチンのレイアウトは、かなりの方が重要に考えています。

レイアウトの仕方で使いやすいキッチンになるかどうかが大きく変わってきます

そこで今回は、使いやすいキッチンにする為のキッチンレイアウトの基礎知識に

ついてご説明したいと思います。リフォームでのキッチンを考える時の

参考にしてみてください。

キッチンの動線を考える時に重要な黄金のトライアングル

使いやすいキッチンにする為に、「黄金のトライアングル」と言うのを覚えて

おくと使いやすいキッチンの配置になると言われています。

コンロ・シンク・冷蔵庫の三点を結ぶ長さの合計が510mm前後が一番作業しやすい

レイアウトと言われています。この配置を覚えておくと使いやすいキッチンへの

第一歩になります。

通路幅とキッチンとの使いやすいレイアウト

キッチンと冷蔵庫の「黄金のトライアングル」を覚えた所で、次に大事なのが

通路幅とキッチンとの間隔です。一般的に1人で使う場合は、90センチと

言われていますが、実際に家事をされる方の意見を聞いてみると

もっとも使いやすい間隔は、75センチから80センチが多いです。

キッチンの高さで使いやすさは大きく変わる

もっとも重要なのが、「キッチンの高さ」です。配置や通路幅を使いやすくしても

作業で一番重要なキッチンの高さがあっていないと使いにくいキッチンに

なってしまいます。ではどのようにキッチンの高さを決めればいいのでしょうか?

身長÷2+5センチ

上記の計算方法が最も使いやすいキッチンの高さと言われています。

身長が160センチの人の場合だと、160÷2+5センチ=85センチという

具合になります。しかしこの高さはあくまでも目安なので使われている現状の

キッチンの高さを参考にしてみてください。

冷蔵庫の配置で考えるレイアウト

使いやすいキッチンにする為には、「作業の流れ」も重要になってきます。

冷蔵庫やシンク・調理台などは近い方が作業がしやすくその流れで

冷蔵庫の配置によっても変わってくるという事を覚えておいてください。

冷蔵庫の配置のポイント

冷蔵庫の配置で悩むのが、キッチンの入り口近くか?それとも奥に配置するか?です

一番使いやすい冷蔵庫の配置は、キッチンの入り口近くに配置するのが使いやすいと

言われています。冷蔵庫をキッチン奥に配置してしまうと誰かが冷蔵庫に物を

取りにくるとキッチン内が混雑してしまうからです。出来る限りキッチン内の

動線が混雑しないように配置する。というのが使いやすい冷蔵庫の配置です。

しかしキッチンの出入り口に冷蔵庫を配置するとデメリットもあります。

来客時に冷蔵庫が見えてしまい、生活感が出てしまうという所です。

冷蔵庫の配置の注意点

冷蔵庫のドアの開き勝手

冷蔵庫のドアは右開きと左開きもしくは両開きがあります。開く方向に余裕があるか

の確認が必要です。両開きの場合は特に余裕が必要ですので必ず確認してください。

キッチン・食器棚と冷蔵庫の距離

黄金のトライアングルでもご説明した通り、この距離が狭すぎたり広すぎたりしても

使いにくくなってしまいます。

使いやすいキッチンにする為の収納方法

使いやすいキッチンにする為には、収納も大事になってきます。以下の5点を

守るだけで使いやすいキッチンになるので参考にしてみてください

  • 頻繁に使う物は腰の高さ付近に置く
  • 使う物と使う場所は近くに収納する
  • しまう場所を決めたら必ず守る
  • 調理台には物を置かない
  • 収納部分もきちんとわけ使いすくする

まとめ

キッチンは常に使う所です。使いやすくするには、個々で考えるのではなく

キッチンでの動きとキッチンの中にある物で考えると使いやすいキッチンへと

変わって行きます。基本を守る事で使いにくいキッチンも使いやすいキッチンに

なっていくので参考にしてみてください。使いにくいキッチンでお悩みの方は

一度ご相談下さい。より使いやすいキッチンにする為のポイントなどを

ご説明しています。詳しくはこちらからお問合せ下さい。