マンションには、ユニットバスが適しているという事は基礎知識その1

ご説明しましたが、浴室で皆さんが一番困っているのは「カビ」ではないでしょうか。

浴室は、暖かい空気が停滞してしまう所の一つですので、カビが発生しやすい場所の

ひとつだと思います。また冬場のお風呂は、寒くひんやりしておりヒートアイランドが

起こりやすい場所です。しかしユニットバスには、上記の様な事も起こりにくい構造に

各メーカー共なっています。そこで今回はカビやヒートアイランド対策がされている

ユニットバスの設備について簡単ですがご説明したいと思います。

ユニットバスの設備について

ひんやり感を解消とお掃除ラクラク!

近年のユニットバスには、冬場のヒヤッと感を解消する床がほとんどのユニットバスで

標準装備されています。TOTOだと「ほっからり床」リクシルだと「キレイサーモフロア」

どちらも構造はほとんど同じで、ヒヤッとする床からホっとする床にというコンセプトです

またヒートアイランド現状による死亡事故の軽減にもなります。

また浴室のお掃除で一番気を使う所が「床の目地」というのを良く聞きます。

浴室はカビが生えやすい所のひとつです。特に目地の掃除は大変だと思います。

近年のユニットバスには、翌朝カラッと乾く床が採用されている為

カビの発生を極力防ぐ構造になっています。今まで面倒だった床の目地掃除も

楽にお掃除ができる構造になっています。

お湯が冷めにくい浴槽

お風呂に入る時間は、家族でもバラバラというのが増えてきています。

一度お湯を入れたが、冷めてしまいまた入れ直しというなんとも経済的に

効率の悪い浴槽から冷めにくい浴槽に変わってきています。

家族のお風呂に入る時間帯を気にせずにお風呂に入れるという所が魅力的な所です

排水口もお掃除ラクラク

排水口もカビが生えやすくお掃除がしにくい所の一つが、ここも良くなってきている

所の一つです。抗菌防カビ処理がされておりカビの発生などを抑える様になっています

また髪の毛なども取りやすくなっているので、お掃除の時間の短縮になっています。

特に排水口は、髪の毛が溜まったりぬめりが発生しやすい所だと思います。

また掃除もしにくい場所のひとつですので、掃除がしやすい様に配慮されている

と言う点は、日頃お風呂掃除をされる方にとっては助かる部分ではないでしょうか。

鏡やカウンターもお掃除がらくらく構造

浴室で鏡がよくくもったり、カウンターのお掃除がしにくい。これも浴室での

お悩みのひとつではないでしょうか。蒸気で鏡がくもって石鹸などを塗って

くもりを防ぐという方法もありますが、逆に石鹸カスが残ってしまい

汚れの原因になってしまいます。またカウンターはシャンプーなどを置いている為

ボトルの底にカビが発生し、そのカビがカウンターにも発生してしまうという事が

よくあります。こういった所も最近のユニットバスは、お掃除がしやすい様に

なっています。

まとめ

浴室はお湯を使うため、カビが発生しやすい場所のひとつです。特にマンションの様な

窓による換気がしにくい建物では、浴室換気扇のみで換気をしなくてはいけない為

カビが発生しやすい要因です。完全にカビを防ぐには、こまめなお掃除と換気が

必要ですが、お掃除がしやすくまたカビの発生を極力防ぐ対策をしている

ユニットバスを取り入れる事は、日頃の家事の負担を軽減するひとつの方法に

なるのではないでしょうか。ユニットバスには、その他にも乾燥機能が

ついた換気扇やミスト付機能などもありますので、詳しいご説明をお聞きしたい方や

どんなユニットバスが良いのかわからない方などは、当事務所に一度ご相談下さい

>>ユニットバスの基礎知識その1  <<お問合せやご相談はこちら