タイルや使い勝手の良い棚などを備えた、世界でたった一つのオリジナル洗面台がほしい!

と思ったことはありませんか?憧れるけどすごくお金が掛かりそう・・・そう思っている

あなたに造作洗面台の気になる費用や材料についてご説明いたします。

造作洗面台の気になる予算と材料とは??

意外と安い!メーカー洗面台との比較


メーカー品と比べてどれくらいの金額の差が出るのか比べてみましょう。一般的な洗面台は

20万円前後。内装のクロスなどのリフォームもするとすると20万円から30万円前後が

目安となるでしょう。

 

かたや造作した場合、一つ一つのパーツを選んで行く形になります。水栓や洗面ボールなどの

設備機器で10万円前後、台が5万円前後で鏡や壁内装なども含めると30万円前後が目安。

もちろんパーツの選び方にもよりますが、こだわって作っても実は大きな差額は出ないのです。

無駄なくぴったりサイズ


造作洗面台の良い所は、世界に一つだけの物が作れるというだけではありません。

サイズが合わずに数センチの余分なスペースができたり、ここにちょっとした棚が

あれば・・・という要望を叶える事ができます。現在の寸法や使い勝手にあわせて

作れるので気になる所も解決できます。一つ一つ組み合わせて作れる事も

大きな魅力です。水栓にこだわってみたり鏡にこだわったりと、予算を調整しながら

作れるというのが造作洗面台の醍醐味です。

木やタイルで仕上げてみる


木やタイルを取り入れて仕上げれることが出来るという点も魅力的な部分です。

木で仕上げる場合は、厚みや木の種類によって金額が上下します。木を使う場合は

水跳ねがある場所の為、必ず保護塗料を塗る事をお忘れなく。

 

タイルで仕上げる場合は、ガラスや陶器、石などバラエティに富んだ種類がタイルには

有るため、木で仕上げる場合に比べてより一層オリジナル感が増します。

タイルの場合は、水跳ねを気にすることなく木に比べて耐久性が高いです。

選ぶものによっては、表面に凹凸があるので天板に使う場合はサンプルなどで

確認することをお忘れなく。

個性も出してみる


個性を出してみるのも面白い所です。例えば実験用の洗面器を使ってみたり

レトロな感じの水栓を選んでみたりといった個性を出せる所もオリジナルの

良い所の一つです。

造作洗面台のデメリット

メーカー品に比べて良い点ばかりの造作洗面台のように思えますが、デメリットも

あります。それはお手入れのしにくさです。メーカー品は無駄なく設計されている為

比較的お手入れしやすいというのが大半です。一方造作洗面台は、特注で作らない限り

洗面ボールとカウンターが一体化されていない為、お手入れがしづらいケースがあります

 

シンプルに作ってあげれば、メーカー品にもひけをとらないお手入れのしやすさは

得られますが、あれもこれもとこだわってしまうとお手入れしにくい洗面台になって

しまうため、使いやすさも考慮しながらアレンジしてみましょう。

まとめ

敷居が高いと感じがちな造作洗面台ですが、実は良いことだらけんです。10年、20年と

使い続ける場所ですから、せっかくなので生活が楽しくなるように作ってあげたい所ですね

ついあきらめがちな洗面台も、こだわりを活かして作ってみるというのも良いかもしれません

造作洗面台に憧れを持っている方や洗面台選びなどでお悩みの方、一度ご相談下さい。

リノベーションやリフォームに関するお問い合わせはこちら