設計監理料ってなに??

設計費とは図面・パース等工事に必要な図面を作成することで、監理料とは私達が現場を

監理し、お客様と工務店との連絡調整や現場のチェック、ご近所へのご挨拶等のことです。

「工事金額と設計監理料の2つの金額が発生するのか・・・」と思ってしまいますが、

設計事務所以外のリノベ会社さんでも、必ず設計監理料と言うのは計上されています。

お見積りに「設計・監理料」という項目があるかないかの違いだけなんですが、

本来お見積りには、きちんと設計・監理料はいくらと記載するべきだと思います。

一般的に工事金額の何%としている所が多いようですが、私たちは1㎡当り11000円と

しています。今までのリノベーション工事の平均平米数70㎡前後ですので、

90万円(諸経費込)になります。

※2017年4月より下記の様に変更になります

最低設計監理料(70㎡未満):60万円(諸経費別途)

70㎡以上80㎡未満の場合:1㎡当り11000円(諸経費別途)

80㎡以上:1㎡当り10000円(諸経費別途)

諸経費:一律10万円

※戸建て住宅の場合:1坪×30000円(但し1・2階および1・2・3階全てのみ)

※消費税別途

工事内容や部屋の広さ・造作家具の種類等にもよって金額が異なりますので、

詳細な金額はお見積り時にご提示致します。

<<リノベーション工事の流れを見る  <<リノベーション設計事例を見る