このコーナーでは、大阪市阿倍野区での戸建て住宅リノベーション工事の風景や

工事の模様についてお伝えしています。

いよいよ始まるリノベーションの前に、まずはご近所の方にご挨拶を兼ねた工事の

お知らせの為に行ってきました。

最近は、この「工事前のご近所挨拶」もしない所が増えてきているようですが

新築でもリノベーション工事でも、私たちがもっと気を使う所です。やはり工事中は

騒音や搬入の車などで、ご近所に迷惑がかかる場合があるために事前に「挨拶」を

しておくことは重要だと思います。

リノベーション工事前の挨拶へ

いざ工事前のご挨拶へ

工事前のご挨拶ですが、マンションと戸建て住宅によって何処までご挨拶に

行くか変わってきます。マンションで多いのが、上下の方とお隣、工事する部屋が位置する

階の方にご挨拶にお伺いする事が多いです。一方戸建て住宅の場合は、両隣と向かえの方と

後ろの方、そしてその家の通りの方のお宅にお伺いする事が多いです。

今回は、戸建て住宅ですので、通りの方・お隣・御向かえの方と5件ほどお伺いしました。

内部の再確認と準備

ご近所に挨拶に伺った後に、少し確認しておきたい所があったのでその部分の確認と

工事の準備を少し進めてもらいました。

今回は階段の架け替えや外部の塗装などがあり、今の建物の面影はほとんどなくなります。

その分工期がいつもより少し長く、約4か月ほどと言った所でしょうか。

元々の住宅も結構リフォームされており、綺麗な所もちらほらありましたが骨組みだけ残し

他はすべて壊してしまいます。また奥行の方が長い建物の為に、強引に作ったトイレや

広すぎる洗面所なども、一新し生活にあったアンティークな空間に生まれ変わります。

まとめ

最近は、リノベーションに限らず新築でも「工事前の挨拶」「上棟式・地鎮祭」といった

工事前の行事を一切しなくなってきています。少し前までは、どこの家も工事前には

必ず執り行っていた風景です。特に住宅会社やリノベーション会社ではなくなってきているのが

現状です。工事前の挨拶は、近隣住民さんへの配慮、上棟式や地鎮祭は、その土地の神様に

工事の安全やその家が今後安全に繁栄していく事などをお願いする大事な行事だと思います

リノベーションの完成ばかりが重視されがちですが、こういう所が当たり前にできる事が

もっとも大事な部分だと思います。

話しが少しそれてしまいましたが、いよいよ始まります!どんな風に変わって行くのかを

またお伝えしていきたいとおもいます。

 

私たちは、宝塚市や神戸・大阪周辺でのリノベーションをご提案しています。

またどんなリノベーションにしたいのかをお聞きし、住まいの専門家の

一級建築士が最大限実現できるようにしています。どんな所にリノベーションを依頼すれば

いいのかわからないと迷ったなら、まずは私たちの1日1組限定の無料相談会をご利用して

みてください。また無料相談会以外でも、リノベーションについて知りたいと思われる方は

是非お問合せ下さい。

1日1組限定のリノベーション無料相談会について

神戸周辺のリノベーションに関するお問合せ