昨日・今日とカラッとしていて朝方は比較的過ごしやすくなってきましたね。

今日は、マンションリノベーションで大事なポイントのライフラインについて少し触れたいと思います。

室内のデザインも重要なんですが、意外と忘れがちなライフラインの交換。

間取り図などで見かける「PS」という文字、パイプスペースという略なんですが

共用廊下に面して設けられたこのパイプスペースの中には、給湯器や排水管などが設置されています

このPSから各住戸内に排水管や給水・給湯管が引き込まれて、水回りに接続されているのですが

築年数の古い建物では、この給水・給湯管が「銅管」というものが使われています。

リノベーションのポイント

銅管は、昔は頻繁に使われていたのですが長年使っていると水圧で小さな穴が開きそこから漏水していきます。

漏水しているのに気がつくのは、かなり時間が経って下の階に水が浸透してからと言う事が多いです

その理由として、給水・給湯管は床下をはわしている為気づきにくいという点。

この給水・給湯管を簡単に交換できるか?となるとかなりの工事になってきます。

床下にはわされている為、一度床を捲ってからでないとできない為です。

そこでリノベーションする時に、この銅管からポリエチレン管と言う物に近年は交換しています


このポリエチレン管は、丈夫で経年劣化の心配がほとんどないので漏水の可能性が軽減されます

実際にマンションの場合、漏水してしまうと下の階の方に多大なるご迷惑をかけてしまいます

リノベーションでは、室内のデザインも重要ですがこういったライフラインの交換の方が

一番重要できっちりと交換できる時にしておかないと後々大変な事になる場合があります。

リノベーションする際には、こういう所も気をつけるポイントのひとつになります

 

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ

1日1回クリックしてランキングにご協力ください