皆さんこんにちは。今日は一戸建て住宅のリノベーションについてちょっと書きたいと思います

一戸建て住宅には、大きく分類して「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」とあります

その中でも今回は「木造」について、リノベーションで気を付ける事をご説明したいと思います

木造一戸建てのリノベーションで一番気を付ける事は、「筋違(すじかい)の配置」

筋違って聞いた事ありますか?木造住宅ではこの筋違が地震や風圧に耐える役目しています。

斜めに入っているのが筋違という物です。この筋違は実は適当に入っているのではなく

ちゃんと計算されていてバランスよく配置されているんですね。

こんな感じで計算してつり合いよく配置されています。でこの筋違は外周部だけではなく

室内の間仕切壁にも配置されています。ここでリノベーションする時に問題が出てきます

「間取り変更」する時に筋違が邪魔になるという事ですね。筋違取っちゃえばいい!と思いですが

簡単に取ったり移動させたりすることはできません。その理由は上記でご説明した通り

つり合いよくまた決められた数値以上をクリアして配置されているからなんですね。

ただ移動や絶対取れないか?となるとそうでもないんですね。ちゃんと計算してバランスよく

配置できれば取ったり移動できます。ただしちゃんと計算しなくてはいけません。

また筋違が取りつく両端には、必ず柱が必要になってきます。なので筋違が移動できたとしても

柱が取り付けられるか?っていう検討も必要になってくるんですね。また柱の上には梁という物が

乗っている場合があるので、木造住宅のリノベーションでは特に慎重に考えないといけないんですね

リノベーションをお願いする会社の担当の人が、こういう事をちゃんと理解しているか?って言うのが

木造住宅のリノベーションでは重要なんですね。これを理解しているか?で大きく間取り変わってきます

基本は筋違や柱などの構造材は触らない事なんですけどね。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
1日1回クリックしてランキングにご協力ください