皆さんこんにちは。今日は「リフォーム減税制度」という制度についてです。皆さんご存知でしょうか?

「リフォーム減税制度」。特定のリフォームをすることで減税の対象になる制度の事です。ではどんなリフォームをすると

減税の対象になるかをまずは見ていきたいと思います。

バリアフリー改修・省エネリフォーム・耐震リフォームと大きく分けると3つのリフォーム工事が対象です。

ではそれぞれどんなリフォームが対象になるのか?まずはバリアフリーリフォーム

  • 通路の幅の拡幅
  • 階段の勾配緩和
  • 浴室改良
  • 便所改良
  • 手摺の取り付け
  • 段差の解消
  • 出入り口の戸の改良
  • 滑りにくい床材への取り換え

が対象工事になります。またその他に条件があって

対象となるバリアフリー工事費から補助金等を控除した額が50万円超である事などがあります。でどれくらい控除されるかと言いと

例えば・・・トイレ・浴室の間取り変更かつ手摺の設置の工事費が150万円だった場合

リフォームローンで500万円借りたとします。(1年目のローン残高406万円)

  1. 対象となるバリアフリー工事費用・・・150万円←150万円×2%=3万円(A)
  2. 控除限度額・・・250万円

このうちの少ない額に対して2%の控除率が適用されます。それと年末のローン残高から(A)に対して1%の控除率が適用です。

406万円ー150万円×1%=2.5万円と3万円を合わせた5・5万円が控除されるという事です。

続いて省エネリフォームの対象箇所です

  • 全ての居室の窓全部の断熱工事
  • 床・天井・壁のいずれかの断熱工事

とっなっていますが、注意が必要で窓の断熱工事は必須という事になってます。こちらの控除額も上記と同じに額が控除されます。

その他にも色々な減税制度があるのですが、今回はリノベーション工事でのローン減税について説明しています。

バリアフリーと省エネ共工事すれば、約10万円ほどの控除がされるわけなので使わない手はないと思います。

更に詳しく知りたい方は、「国土交通省発行 住宅リフォームガイドブック」をお配りしていますのでお問合せ下さい。

こちらから「国土交通省発行 住宅リフォームガイドブック希望
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村