中古物件を購入する際は、売り手・買い手共にそれぞれメリットがあるべきだと思います。

言ってみれば50:50の関係。売る側もそれなりに妥協ラインがあるわけですし

買う側もやはり上限と言う物があるわけですから。それを上手く仲介するのが

不動産屋です。そこで今回は上手に購入するにはどうすればいいのかを

ご説明したいと思います。

売り手側は多少でも高く売りたい

売り手側としては、多少でも高く売りたい。と思うのが当たり前です。

誰もがもし自分が売る側になるとそう思うと思います。

老後の資金や売った金額を頭金にして、違う物件を購入するなど

さまざまな理由があるからですよね。

買い手側は多少でも安く買いたい

一方買い手側としては、やはり多少でも安く買いたい。こう思うのも当然です。

物件価格を抑えてその後のリノベーションに金額をあてるなどあると思います。

売り手・買い手それぞれの思惑の相違

売り手・買い手それぞれの思惑は、言ってみれば真逆ですよね。高く売りたい側と

多少でも安く買いたい。折り合いをつけるのはとても大変・・・売り出し価格が

妥当な金額も判断するのには難しいですし・・・また売り手側と言うのは、

どうしても強気になる傾向があります。中古物件の場合大半が売り手側に有利になりがちです。

売り手・買い手それぞれがメリットがあるようにするには?

それぞれが50:50という関係であるべきです。売り手側主導にならないようにするには、

買い手側も内覧でどういう所が値引き交渉の材料になるのか?を把握する必要があります。

ほとんどの中古物件は、現状引渡しです。お風呂やトイレなどはそのまま使うのには

やはり抵抗がありますしキッチンの汚れやお部屋の匂いなど購入後リフォームが

必要になる個所などは、値引き交渉の材料になります。もしこの部分で値引きできないと

なっても、逆に売り手側が最大限値引き出来る金額で妥協する場合でも

この部分とこの部分は綺麗にしてもらいたいと言う条件をだすのも一つの手です

50:50の関係に少しでも持っていき双方が良い取引になるようにしていきましょう。

なかには交渉もできない物件も・・・

ごくまれにですが、値段交渉も出来ない物件があります。売主の下についている

不動産屋さんが他の不動産屋さんに「それ以下の金額での話はもってこない事」と

いった感じで箝口令みたいなのをひいている場合もあります。この場合は値段が

下がるのを待つか諦めるかしかないです。

まとめ

中古物件を購入する際の絶対に守るポイントは、予算厳守です。気にいった物件でも

予算オーバーならすぱっと諦める勇気も必要になってきます。また売主の有利に

ならないように妥協できない部分は、きちんと仲介不動産屋さんに伝える様にしましょう