リノベーションの本当の意味とは・・・

すっかり定着してきた「リノベーション」と言う言葉。住宅の取得を考えている人の70%が

リノベーションも考えているとデータもあります。しかしリフォームと同じように使われる事

も増えている「リノベーション」という言葉。その境界線はとても曖昧になっています。

 

リフォームとリノベーションの違い・・・あえて区別するとしたら

古い設備や汚れた内装を修繕したり入れ替えたりすること=リフォーム

部屋を改修して空間再構築し直し新しい価値を与える事=リノベーション

ここでいう「新しい価値」とは世の中の誰かにとっての価値である必要もないし、

一般常識や体裁に縛られる必要もありません。

住まいを手にいれるってお金がかかる・・・

注文住宅を建てようと思うと、土地の購入資金に建築資金、思いの他かかる諸費用と

莫大なお金が必要です。国土交通省の「平成24年度住宅市場動向調査」によると、

注文住宅の土地+建物の資金総額は全国平均で3614万円です。都市部になれば、

この金額の倍以上かかることも少なくありません。この金額は若い20代、30代は

もちろん40代でも、けっこう厳しい価格ではないでしょうか。

これ以外にも、土地購入手数料や、ローンの保証料、引っ越し代金、家具購入代金

などなど家を建てようと思ったら、もう本当にお金お金お金・・・何をするにでも

お金が頭をよぎります。そうなってくるとオーダーメードのはずの注文住宅が、

ハウスメーカーさんの標準仕様しか選べず、建売住宅と変わらない!という事態に

なってしまいます。もしくは、十分な資金が貯まるまで数年待つ、という選択肢に

なってしまうかもしれません。でもそれは、本当に私たちがしたい暮らしなのでしょうか。

自分たちらしい暮らしとは・・・

よく聞く自分たちらしい暮らしってどんな暮らしでしょうか。

広いリビングがあったり、毎日木の香りがする部屋で暮らしたいとか・・・

よくよく考えるとこの「自分たちらしい暮らし」とても難しい様な気がします。

でもひとつだけ言えるのが、リノベーションはその暮らしを手に入れる手段

という事です。

リノベーションの意味を考える

アメリカでは自分の住まいをいずれ別の人に売っても価値が変らないように、

というよりむしろ価値が高くなるように改装しながら住み続けることが一般的です。

ヴィンテージという言葉が示す通り、丁寧に手をかけて育まれてきた古いものにこそ

価値があるという考え方が多く広まっています。一方日本では、地震が多かったり木造の

建物であるという理由から、土地の価格はあまり変わらないけれども、建物の価値は

建てた直後から下がっていくもの。ましてや30年以上たった建物などは、その価値は

0円に等しくなり、住む世代が変わるたびに既存の住宅を壊し、また新しいものに

建て替えるという考え方が一般的です。

日本でもなんだか気持ちが落ち着く空間って、すべて新しくてピカピカした空間では

ないはずです。時と共に味わいを増していく物や空間の良さが、今改めて見直されている

のではないでしょうか。これからの時代、すべてをゼロに壊すのではなく環境にも

やさしく合理的な住まい方として、いまある建物を再利用して住む

リノベーションという考え方が、日本でももっと広まってもいいはずです。

まとめ

リノベーションという言葉が定着してきた今だからこそ、リノベーションという

本当の意味を知ることは大事なことだと思います。近年見た目重視のリノベーション

が増えてきています。しかし本来リノベーションは、今ある住まいを大切に使いつつ

より便利で使いやすくと言うのが、本来のリノベーションのあり方だと思います

デザインももちろん大事ですが、使いやすく便利の延長上にデザインがあるべきで

近年のリノベーション業界は、この逆になっているように思えます。

見た目のかっこよさを追求するのもリノベーションの醍醐味なのかもしれませんが

やはりそこは、お店ではなく「暮らす場所」。

今一度僕たちリノベーションを提供する側も、原点に立ち返る時ではないかと思います

使いやすく便利なリノベーション、そしてその延長にデザインがある

そんなリノベーションをこれからも提供していきたいと思う今日この頃・・・

リノベーションに関するお問い合わせはこちら