リノベーションを考えている人は、中古物件やリノベ会社を探したりという所から

始める方がほとんどではないでしょうか?自分たちの予算内に物件購入、工事代

が果たして納まるのか??リノベを考えている方なら誰もが一度は思う事だと思います

そんな中で、ちまたでよく言われる・・・

「設計事務所に頼むと工事代とは別に10%~20%の設計デザインが掛かる」

このことは本当にリノベーションの妨げになっているのか?を検証してみたいと思います

図面やデザインは誰が考え書くのでしょうか??

リノベ会社さんでも住宅メーカーさんでも設計事務所でも、工事の基本となる

図面は、デザイナーさんや建築士さんが書くわけです。リノベ会社であろうと

設計事務所であろうとその会社の誰かが書いています。お客さんと打ち合わせを

重ね変更点が出るたびに、その都度図面に反映し最終的な図面が出来てきます

設計事務所だけがデザイン料が掛かるのではない

打合せや図面の作成・現地調査などリノベーションの図面を作成するには

事前に把握することが沢山あるわけです。それは結局のところ

「人が動く」という事です。人が動けば費用も掛かるわけです。

これは何も設計事務所だけが特別な事ではなく、リノベ会社さんでも住宅メーカーさんでも

その中の誰かが動いている訳です。

社内でデザイン設計するから本当に「設計デザイン料」は抑えられるのか??

リノベ業界でよく耳にするのが、「設計事務所に頼むと余分に費用が掛かる」という事

「うちは社内で設計するので費用が抑えられます」という事を良く聞きます

これは本当なんでしょうか??ズバリ!!そんな事は絶対にない!断言できます。

例えば設計事務所にお願いしたとして、設計監理料に100万円かかったとします

一方リノベ会社さんや住宅メーカーさんにお願いして50万円だったとします

差額の50万円は必ずと言っていいほど、見積もりの何処かの工事に乗せられて

います。これは「見積もりのマジック」

設計監理料と言うのは、工事金額に対しての算出方法が決められていて

基本的にはそれを基本に業者さんは算出してくるわけなんですね。

だから設計事務所がよく言う設計・監理料が、工事金額の10%~20%というのが

適正金額になってくるわけです。

設計デザイン料は必要な金額

リノベーションでは、物件金額・工事代の他に設計デザイン料は必要な金額という事が

言えます。これは設計事務所にお願いした時だけ必要と言う事ではなく、リノベ会社さんや

住宅メーカーさんなど他の所にお願いしても同じです。

どんな物でもそうですが、「適正価格」というのがあるはずです。設計デザイン料を

安くすることは簡単な事です。図面の枚数を減らしたり打ち合わせの回数を限定や

回数を減らしていく事や現場監理の回数を減らす事で金額を抑える事ができます

しかしその分必ずと言っていいほど、何処かにしわ寄せがでてきます。

設計事務所だけが、この「設計デザイン料」を特別高いという事ではなく

本来きちんと工事を進めていくには必要な金額。という物が国で決められた算出方法より

算出された金額です。よく「設計デザイン料は社内だから安くできる」という事は

明らかに的はずれな事で、安くするには何処かでその分影響が出てくるという事です

すなわち決して設計料がリノベーションの妨げになる。という事ではなく

要は予算内に収めるには、何処を優先し何処は妥協できるのか?という事を

お客さんと一緒に考えてより良い提案をすることが重要ではないでしょうか。