10月から始まっていました、神戸市垂水区のリノベーション。完成後に打ち合わせや

工事中の雰囲気またリノベーションに至った経路やリノベーションでこだわった所などを

リノベーションを実際にされた方側の立場でのお声を頂きました。

リノベーションOBさんのお声

リノベーションに至った経路??


リノベーションをどうしてしようと思ったのか?という所ですが、老朽化で悩まされて

いる方が多いようです。特に問題になってくるのが「設備機器の古さ」という所。

設備機器は、最新の物を追いかければきりがないですが、今の設備機器は

節水型や使いやすさという所を第一に考えられています。特に昔の便器などは

水を大量に使って流しているので、今の便器に比べるとはるかにランニングコストも

変わってきます。また浴室もユニットバスに変える事で、マンションでの下の階への

水漏れ問題も解決されますし、掃除もより一層しやすくなります。そういった所が

リノベーションで解決できるので、リノベーションをされた方の経路を聞くと

一番多い様に思います。

お店ではないのでやりすぎず、「暮らしやすさ」を重視


僕たちのリノベーションは、カフェやビンテージテイストのリノベーションが

多いです。一見するとお店の様な雰囲気で、少し住むには住みにくいのでは?

とかやりすぎ感があるななどと、写真だけでみると思う方が多いようです。

しかし実際に見て頂くと解るのですが、きちんと風の流れや家事の効率を

はかれるようなプランを意識しています。それは提案する側の僕たちが

「決してお店ではなく、住むための住まい」という事を常に念頭に置いています。

今の住まいよりより良い住まいにするのが、リノベーションであるわけで。

僕たちが思う「スタイル」は、言ってみれば「洋服」の様な物だと思います

住みやすさや暮らしやすさと言うのが、大前提にあってそこに自分たちの

好きな物をチョイスしていく。それはゴチャゴチャしてもダメだし

すっきりしすぎてもダメなわけで・・・丁度良いバランスを一緒に考えて

作って行く、それが僕たちのリノベーションなんです。