普段ないげなく使っている「電気のスイッチ」最近は電気のスイッチにもこだわりを反映される方が

増えてきています。その中でも一番人気なのが「アメリカンスイッチ」と言われるスイッチです。

今回は人気ナンバーワンの「アメリカンスイッチ」の魅力をご説明したいと思います

アメリカンスイッチとは


そもそもアメリカンスイッチとは、アメリカのホテルや一般家庭で使われてきたスイッチの事で

誕生から実に100年以上多くの建物に使われてきました。日本のスイッチの様に

大きなスイッチボタンやプレートの角が丸くなったスイッチとは、正反対のスイッチです

アメリカンスイッチの魅力

アメリカンスイッチの魅力は、なんといってもこの「顔」の様なプレート部分ではないでしょうか

日本のスイッチとは違い、棒状のスイッチ部分を上下に上げ下げすることで「点灯」「消灯」

となり、どこかメカっぽいスイッチ部分と少しチープな感じが、モダンテイストやビンテージ

テイストにマッチする所が、人気の秘訣になっています。また日本のスイッチプレートの様に

プラスネジで留めるのではなく、マイナスネジになっている所もレトロ感を感じられるところも

魅力のようです。

 

色の組み合わせも楽しめる所も魅力


スイッチやプレートには、白色だけでなく黒やシルバー(ステンレス)などもあり

組合せが自由に選べるという所も魅力です。シルバーのプレートに黒のスイッチ、白のプレートに

黒のスイッチといった具合に好みで選択ができます。また100年以上の歴史があるため

沢山普及されているので、コストパフォーマンスが良いという点からも人気の秘訣です

アメリカンスイッチのできない事

人気のアメリカンスイッチですが、出来ない事もあります。日本のスイッチの様に照明の明かり

具合を調整する「調光器」(暗くしたり明るくしたりできる機能)付が、アメリカンスイッチには

ありません。調光機能はないアメリカンスイッチですが、3路スイッチ(廊下の片端でスイッチを

いれたらもう片端でスイッチを切れる機能)などは、アメリカンスイッチでもできます。

まとめ

アメリカンスイッチの魅力をご紹介してきましたが、アメリカンスイッチは、元々アメリカの

電気にあわせて作られている為、日本で使う場合は、電気屋さんに確認する必要があります

しかし今では、日本製も沢山出てきていますので、アメリカンスイッチを使いたいと思う方は

購入する時に、「日本製」もしく「アメリカ製」どちらかを確認する様にしましょう。