このコーナーでは、マンションリノベーションや全面リフォームでの情報を発信しています

マンションで度々問題になる、「水漏れ」。自分たちだけの問題ではなく下の階の方にも

大きく影響してきます。マンションの水漏れ問題でもっとも効率がよくストレスなく

解決できる方法をご説明したいと思います

マンションの水漏れは重大な事になるケースもある

築年数が古い物件ほど水漏れは起こりやすい

マンションでの水漏れは、今ある排水管になんらかの不具合が発生して起こります

これは言ってみれば、排水管が「限界です」というサインをだしているという事です

排水管は、水圧によって水が流れる構造になっています。その為古いマンションほど

それだけ流すのに、排水管に水圧がかかってきたという事ですので、築浅マンションに

比べて古いマンションほど、水漏れが起こる可能性が大きいといえます。

水漏れは知らぬ間に起こっている

「水漏れが起こっている」というのが解るのは、ほとんどが下の階の住民さんからの

クレームで発覚する場合です。自分たちでは水漏れが起こっているという認識がなく

はじめて下の階の方から言われて気づき対応方法を考えなくてはいけなくなってしまいます。

なぜ気づきにくいかと言うと、マンションの排水管などの配管は、床下を通っている為

排水管を目で確認しにくい構造の為です。その為自分たちが知らない間に水漏れが

起こっていたという事がよくあります。

下の部屋に水漏れさせてしまった場合は水漏れした側の責任

万が一水漏れがした場合、下の階の方のお部屋の修繕は水漏れさせた側の責任になってきます

水漏れで汚れた壁や天井のクロスや床更には水漏れが原因で使えなくなってしまった

家電製品なども水漏れした側の負担で直さなくてはいけないケースもあります。

(各マンションによっては、管理組合で直してくれる場合もあります)

水漏れした排水管を見つけるのは困難です

水漏れした場合は、一刻も早く直さなくてはいけませんが排水管の水漏れを直すには

まず下の階のお宅に入らせて頂き、どこで水漏れがしているのか?を特定しなくてはいけません

下の階の方のご都合もありますし、なによりマンションの排水管は床下を通っている場合が

多いため、何処で水漏れがしているかを見つけるのが困難になります。また階下で水漏れ箇所を

特定しなおすには、水漏れが起こっている部屋の床をすべて捲ってしまわなければいけません。

その間極力水は使わない様にしなければいけませんし、何より下の方への配慮も必要です

水漏れ対策でもっともよい方法

水漏れは、排水管の経年劣化で起こる場合が多いです。室内の排水管などは頻繁に

交換される事はほとんどないため、マンションが建った当時から使われている

排水管がほとんどです。その為古いマンションほど、それだけ水を使われてきた為排水管に

負荷がかかって水漏れが起こりやすいという事が言えます。水漏れがしている管のみを

直すだけでは、何れその他の排水管でも起こる可能性があります。そうならない為には

排水管や他の配管を一新する必要があるわけですが、水漏れが発覚するたびに床を捲っては直し、

下の方にも配慮しという具合にしていくとストレスにもなりますし、なにより住民関係も

悪化してしまう可能性もあります。古い排水管やその他の配管を一新するもっともよい方法は、

リノベーション(全面リフォーム)です。

リノベーション(全面リフォーム)は、現在の壁や天井、床すべてをいったん壊して

なにもない状態(スケルトン)にする為、配管の交換がしやすくまた水漏れ箇所の特定も

しやすいですし、何より他の部分で水漏れが起こっていないかの確認や今後水漏れが

起こらないように配管も新しくするからです。マンションの水漏れ問題は、自分たちだけの問題

ではなく他の方にも迷惑をかけてしまいます。特に築年数の古いマンションや団地では

水漏れが起こる前に排水管やその他の配管を交換する事をおすすめします。

【合わせて読みたい】マンションの水漏れ問題で悩んでいる家はリノベーションで解決!

【合わせて読みたい】マンションの水漏れ問題から取り組んだマンションリノベーション事例