中古物件の内見時に確認しない人がほとんどの給湯器の状態

中古マンションを探している方で、良い物件が見つかれば内覧に行かれると思います。

内覧時の見るべきポイントは、インターネットなどを検索すると、管理の状態や

建物の築年数・修繕状況などいくつか確認ポイントが出てきます。これらは中古物件を

見極める大事なポイントですが、ほとんどの方が「見落としている」ポイントがあります。

それは、「給湯器」です。では、なぜ給湯器を確認しなくてはいけないのか?また

確認するだけでちょっと得をするのか?をご説明していきたいと思います。

給湯器が故障するのはおおよそ10年前後

給湯器の寿命はどれくらいかご存知でしょうか?給湯器は、永久的に持つ物ではなく、

必ず故障が起こります。その寿命は、おおよそ10年前後です。中古マンションのほとんどが

建てられて築数十年以上建っています。この為室内のクロスやフローリングなどは

リフォームされている場合が多いですが、給湯器は、あまり交換されていないケースが多いです

また交換されていたとしても、最近交換されたのか?それとも大分前に交換されたのか?で

変わってきます。

交換されている場合と交換されていない場合

まずは、給湯器を交換した中古マンションの場合は、それがいつ交換されたのか?が重要に

なってきます。2,3年前ぐらいに交換された給湯器ならまだまだ使用できますが

5、6年前に交換された給湯器ならば、中古マンションを購入する時に、数年で給湯器が

故障するかも?と思っておかなくてはいけません。一方一度も給湯器が交換されていない

中古マンションや10年前くらいに給湯器を交換しているマンションの場合ですと

中古マンションの購入時に、必ず給湯器も新しく交換する事をおすすめします。

以前私の友人が、中古マンションを購入し給湯器の確認をしなかった為に

住んでから直ぐに給湯器が故障し交換しなくてはいけなくなったという出来事がありました

唯でさえ、中古マンションの購入時に出費がかさむのに、更に給湯器の交換費用まで

掛かってしまい痛い思いをしたそうです。

給湯器が交換されているかどうかの確認方法は簡単!

給湯器が交換されているかの確認方法は、難しくありません。中古マンションの内覧時に

ご同行される不動産屋さんに確認するだけです。もし不動産屋さんに聞いても解らない場合は

不動産屋さんから売主さんに確認してもらうというだけで、給湯器が交換されているか

わかります。これだけの事ですが、ほとんどの方はこの作業をせずに後々痛い思いをしています

確認するだけでちょっと得する理由

給湯器を交換しているかどうかの確認をするだけで、実はちょっと得する事もあります

これはすべてがそうではないですが、給湯器が一度も交換されていなかったり交換が

数十年前だったりの場合、給湯器が故障する確率が大なので中古マンション購入時に

交換しておいた方が良いため、不動産屋さんに「給湯器の交換費用がかかるんですけど」などと

言うと売主さんと物件価格からその費用分の交渉をしてくれたり、もしくは給湯器の交換費用を

持ってくれる時もあります。これは私も中古マンションを買われるお客様にご同行した時に

何回か経験した事があります。

リノベーションやリフォーム前提の場合は更に得するかも

中古マンションをリノベーションやリフォームをする前提で購入する方にとっては、出来るだけ

物件価格を抑えてリフォームの工事金額の方に、費用を使いたい物です。リノベーションでは

給湯器も新しく取り替えますが、給湯器を交換してからまだ数年しか経っていない場合は

その給湯器を再利用することで、コストも抑えられますしその分、家具を新しく買い替えたり

設備のグレードを上げたりといった具合にお金が当てれ、より希望に沿ったリフォームに

できます。

とはいっても内覧時に結構忘れがち

中古マンションの内覧に行ってみると、確認する箇所が沢山あって「給湯器も確認しなくては」

と事前に思っていても、結構忘れる所です。自宅に帰った時に気づき不動産屋さんに

確認をお願いすればいいかと思うかもしれませんが、自分たちが「よい物件だな」と思う

中古物件は、必ず他の人も良い物件と思っています。不動産屋さんに確認してもらっている

間に売れてしまったというケースは、よくあります。

 

私たちでは、中古マンションの内覧時にご同行しお客様が中古マンションの内覧時に

確認しなくてはいけない箇所を見落とさない様に、隅々まで確認しています。

また一級建築士が、必ずご同行しますので、建築のプロの目から見た良いマンションか

どうかを判断させてもらっています。中古マンションでは、一般の方では解りにくい所や

見落としがちな所もあります。中古マンションの内見時には、建築のプロにご同行して

もらう方が安心して中古物件選びができるのではないでしょうか。

中古マンション購入前調査ご同行システムについて