このコーナーでは、宝塚や茨木・吹田周辺で中古マンションのリフォーム・リノベーションを

お考えの方・中古マンションを購入してリフォーム・リノベーションをお考えの方向けに

リフォームの情報や中古マンションの購入時の注意点などの情報を発信しています。

 

中古マンションを探すときの方法と言えば、「不動産屋ポータルサイト」、「会員向け情報」

「周辺の不動産情報」などが、中古マンションを探すときの代表的なルートではないでしょうか

その中で、最も効率よく希望する中古マンションが誰よりも早く見つかる手法をご紹介します

インターネットの物件検索では良い物件はみつからない!

まずは仲介業者の動きを知ることが大事!

まずは、不動産屋さんがどの様にして物件を販売しているかをご説明したいと思います

 

不動産屋さんの営業マンが、中古マンションの売り主さんに販売を任された場合、まずは

媒介契約という物を結びます。媒介契約には、一般・専任・専属専任という

3つの種類があります。

一般の場合は、複数の不動産屋さんが同時に締結できますが、専任・専属専任は一社の

不動産屋さんしか締結することが出来ません。また専任・専属は指定流通機構という所に

登録を行い、その後販売活動という風になっています

不動産屋さんの水面下の情報というものがある

宅建業法では、指定流通機構と言う所に登録するする期限が7日以内もしくは5日以内と

決められています。しかし裏を返せば6日間もしくは4日間は、指定流通機構に登録

しなくてよい期間となり、これがタイムラグになりこの期間に、手持ちのお客さんに物件を

紹介して「買付」をもらえば、その後流通機関に登録しても、既に「商談中」の為、

他に情報がでないという具合です。これが「不動産屋さんの水面下の情報」

不動産屋さんからの情報が一番!

すべての物件が水面下の情報で決まるという事はほとんどなく、多くの物件が

チラシや検索サイトに出回るわけですが、入るかどうかも解らないチラシを毎日チェック

する事は難しい・・・また検索サイトも同様で毎日チェックもできない・・・

売主さんの中には、「インターネット掲載お断り」と言う方もいるわけです。

考えてみればそうですよね、何処の誰が売りに出しているのか?がすべての人に

解るわけですから。しかし中古マンションを売りに出している、売主さんに共通して言える事は

「見込み客に紹介するな」とは言わないわけです。

そう!つまり不動産屋さんから直接情報を得る方が、インターネットやチラシなどよりも

確実という事です。

不動産屋さんをどう選ぶか??

問題になってくるのが、どんな不動産屋さんが良いのか?です。物件の売り情報を早期に

キャッチするには、なんといっても「地域に根をおろし活動している不動産屋さん」です

その地域に根を下ろして活動している訳ですから、その地域の情報や状況などは

大手の不動産屋さんや他の地域の不動産屋さんより詳しい訳です。また地域密着ですので

売り情報も頻繁に耳に入ってきます。ただ地域密着と言っても、キャリアの長さより

地元での露出度の高さの方が重要です。売り主側にしてみれば、わざわざ遠く離れた

不動産屋さんに売買をお願いしに行く事より、近くの不動産屋さんでお願いした方が

便利なわけですし、また露出度が高ければ高いほど周知もしてくれるだろうと思う訳です。

賢く効率よく希望する中古マンションを見つけるには

インターネットの検索サイトやチラシなど、家に居ながら中古物件を探す方が断然楽です

しかしインターネットの検索サイトにのっている物件の中には、不動産屋さんの

「おとり物件」も存在します。既に契約が決まっているのに、わざと掲載し続け

お問合せや資料請求などで、買主の情報を得ようとする不動産屋さんもいます。

賢く効率よく希望する中古マンションを誰よりも早く見つけるコツは、

希望する地域の不動産屋さんに、条件を伝え常にどんな情報でももらえる様にすることです

但し、「フットワークの軽い不動産屋さん」も大事です。良い物件は、すぐに売れてしまいます

フットワークが軽ければ、いち早く情報を教えてくれますから。

 

私たちでは、中古マンションの内覧時にご同行しお客様が中古マンションの内覧時に

確認しなくてはいけない箇所を見落とさない様に、隅々まで確認しています。

また一級建築士が、必ずご同行しますので、建築のプロの目から見た良いマンションか

どうかを判断させてもらっています。中古マンションでは、一般の方では解りにくい所や

見落としがちな所もあります。中古マンションの内見時には、建築のプロにご同行して

もらう方が安心して中古物件選びができるのではないでしょうか。

中古マンション購入前調査ご同行システムについて