中古マンションや中古物件をリノベーションして住みたいと思う方の中で、必ず失敗する人の

特徴があります。成功する人と失敗する人では、何処が違うのでしょうか?

そこで今回は、「これがリノベーション成功へのポイント」と題して、3回に分けてその差の

特徴をお伝えしたいと思います。

プランと予算の考え方がリノベーション成功へのポイント

依頼先にリノベーションの予算をきちんと伝える人とそうでない人

リノベーションを考えている人の多くが、、気になるのが

「予算内に希望通りの事が出来るか心配」という所ではないでしょうか。そしてその多くの方が

実際には、600万円の資金があるのに、「きっと途中で足りなくなるから」などという理由で

設計者には、500万円と伝えるケースや実は家具まで含めて、600万円で工事に使える

金額は500万円だったというケース。

 

どちらの場合も、最初からその予算でスタートした「プラン」とは、違うプランになってしまい

本来希望していたことが、できなくなったりします。

リノベーションを考える設計者は、伝えられた「予算」内で、最大限生かせるような

プランを考えます。その為、打ち合わせの最初の段階で

本当に用意できる予算

を伝える事がリノベーションを成功へと導くポイントです。この事が出来る人と出来ない人では

その先のリノベーションが成功するか、失敗するかが大きく分かれる分岐点です。

予算にかかわらず希望している事は”すべて伝える”が鉄則!

マンションリノベーションのプランは、さまざまな要素の”バランス”で決まって行きます

「たぶんこれは高くなるからやめとこう」「これは必要か迷っている」など

この予算ではきっと無理だから、と遠慮してしまう人もいますが

希望している事はすべて伝える、という事が大事です。すべてのリクエストを出したうえで

設計者と一緒に優先順位を考えて、どこを取りどこを捨てるか、をしていけばいいのです。

 

希望を伝える場合は、「どうしてそれをしたいのか」も伝えるようにしましょう。

予算上、そのリクエストが無理だとしても違うアプローチが見つかる可能性もあります。

例えば、壁をすべて壊さなくても使える壁がある場合もあります。

そうやって試行錯誤しながら、理想の暮らしが実現できる可能性が広がります。

本来の目的をはっきりさせることが、プランの可能性を広げていくからです。

まとめ

今回は、リノベーションの最初の「打合せ」での予算の伝え方についてみてきました。

「本当に出せる予算」より少なめに伝える事は、かえってリノベーションを失敗へと

導く大きな要因です。本当に用意できる予算で、出来たことが出来なくなったまま

進んでいく事もあります。また希望している事は、すべて伝える事で、出来る事と

出来ない事がはっきりとわかり、「捨てる所と拾う所」が詳しくわかります。

リノベーションが「成功する人と失敗する人」の差は、最初の「予算の伝え方」で

大きく分かれていきますので、きちんと「予算」を伝えるようにしましょう。

 

私たちでは、どんなリノベーションにしたいのかをお聞きし、住まいの専門家の

一級建築士が最大限実現できるようにしています。またご予算が少なくても

できるリノベーションもあります。マンションリノベーションを専門としている

私たちだからこそできるリノベーションです。まずは、1日1組限定の

「無料相談会」をご利用頂き。ご不安ごとや気になること・ご相談ことなどを

お聞かせ下さい。必ず解決できる方法があります。

次回は、「優先順位の付け方とコストダウンしてはいけない所」についてです。

1日1組限定のリノベーション無料相談会について