中古マンションや中古物件をリノベーションして住みたい、とお考えの方で

成功する人と失敗する人の違いについて、前回は、「鉄板法則について」でしたが

それでも「予算がオーバー」してしまった・・・という場合もありますよね。

しかしリノベーションが成功する人は、更にそこからある部分の見直しチェックをしています

このある部分の見直しで、金額が大きく下がる事もあるので、このある部分の見直しは

した方がいいです。それではその、「ある部分」についてお伝えしていきたいと思います

リノベーションが成功する人は、必ずやっている見直し部分

そのまま使える部分や残せる部分をしっかり見極める

リノベーションには、必ず元となる部屋がありますよね。その部屋のメリットを生かすことも

工事金額を賢く抑えるコツです。

リノベーションと聞くと、すべて壊して新しくする事、と思いがちですが

そうではなく、そのまま使える部分や再利用できる部分を上手く活用することも

リノベーションでの、ひとつの方法です。

一部の壁を残して再利用する

間取りをかえる時に、元々あった壁を一部残して再利用する

という方法です。壁をすべて壊してしまうと、それだけ

コストもかかってしまいますので、例えばあまり大きく変わらない

水廻りの壁を残して、珪藻土やタイルといった仕上げ材だけ

かえると、解体費用や新しく作る壁の費用が削減できたりします。

元々のドアを再利用する

トイレや洋室などのドアを再利用するという方法です。

元々あった「ドア」に、ペイントしたり取手を

変えたりしてお部屋の雰囲気にあうように表情を変えたりすれば

ドアの購入費や造作にかかるコストを抑えられます。

 

リフォーム済み中古マンションなら設備機器が再利用できる

中古マンションの中には、「リフォーム済み」というのがたまにあります。

リフォーム済みの場合、トイレやお風呂・洗面・キッチンといった水廻りの設備機器は

新しく交換されている為、再利用できる部分が多くなりそれだけコストが抑えられます

(特にトイレは、再利用できるのでトイレにこだわりがないという人におすすめです)

設備機器はメーカーにこだわらない!

コストを大きく左右するのが、トイレやユニットバス・キッチンなどの「設備機器」です。

キッチンは、デザインにこだわりたい所のひとつなので、トイレやユニットバスに

こだわりがなくコストを抑えたいという場合は、「施工会社おすすめ」を選ぶのがベストです。

 

施工会社にはそれぞれ取引のあるメーカーがあり、そのメーカーの商品は仕入れ値が

他のメーカーに比べて低く抑えられている為、安く購入できるからです。

また、使いたい設備が決まっている場合は、「施主支給」という方法もあります。

この場合、注意点として「取り付けができるか」「必要なパーツが揃っているか」

「届くまでの期間の確認」が必要になってくるので、「施主支給」をする場合は

くれぐれも慎重にしたほうがいいです。

まとめ

リノベーションが成功する人と失敗する人の差を、3回にわたってお伝えしてきましたが

成功する人は、必ず「依頼先にきちんと予算や希望をすべて伝える」「鉄板法則」

そして「元のお部屋の見直しチェック」この3つを必ず実行しています。

これは、けして難しいことではなく、誰でもが簡単に出来る事なので

これからリノベーションをお考えの方は、ご参考にして頂ければと思います。

 

私たちでは、どんなリノベーションにしたいのかをお聞きし、住まいの専門家の

一級建築士が最大限実現できるようにしています。またご予算が少なくても

できるリノベーションもあります。マンションリノベーションを専門としている

私たちだからこそできるリノベーションです。まずは、1日1組限定の

「無料相談会」をご利用頂き。ご不安ごとや気になること・ご相談ことなどを

お聞かせ下さい。必ず解決できる方法があります。

次回は、「使えるものを見極める事と更にコストを抑える方法」についてです。

1日1組限定のリノベーション無料相談会について