ハニカムブラインドというブラインドご存じでしょうか

普通のブラインドと違って断熱効果が期待できるブラインドです

image13

IMG_0996

蜂の巣状(ハニカム)の構造をしたブラインドで、このハニカム状の空気層で断熱します。

ハニカム構造が、空気を閉じ込めることによって本来のブラインドの機能を果たしながら

窓からの外気侵入や室内の暖気・冷気の流出を抑える「断熱材」のような役目をします。

hni2

冬は室内の暖かい空気を跳ね返し、逆に夏は室外の日射を跳ね返します

h13

基本的には内窓とセットで

ハニカムブラインドは、結露対策にはなりません。あくまでも断熱対策です

なので結露でお悩みの場合は、内窓を設置してハニカムブラインドという方法がベスト。

ただ内窓を設置するのに、窓枠が7センチ必要なのでハニカムブラインドも設置するとなると

さらに窓枠が室内に出てくるので、間取りとの兼ね合いが必要です。

デメリット

ハニカムブラインドは、メリットばかりではなくデメリットもあります

それは「洗ったりできない」という点です。

素材が不織布のため、カーテンの様に洗う事ができません。掃除は拭き掃除か

掃除機などで掃除することになります。

まとめ

デメリットも存在しますが、ハニカムブラインドはお値段も手ごろなので

断熱対策には良いアイテムだと思います。また住んでからでも設置できるので

後から付けることもできます。

基本的には内窓の設置を提案していますが、内窓にハニカムブラインドという方法で

さらに結露・断熱対策をするのがベストだと思います。
mail
047lgf