皆さんこんにちは!日曜日から何故か我が家に「ハム太郎」が来ていました。

全然知らなかったんですが、夜行性の様なので夜にカサカサと動いております!

さて先日お引渡しした西宮市のKさん邸リノベーション。ここは内装の仕上げは塗装として

いるのですが、工事中施主のKさんと何色で塗るかすごく悩んで決めました。

一般の方から言うと「白」っというイメージが強いと思いますが、部屋を広く見せたいのと

白系ばかり使うと病院の様になりがちなので悩んで決めたのが、壁1面は白系で残りはグレー黒。

廊下からLDKに入って丁度正面の壁をちょっと黒味を入れた白にしています。アイボリーに近い感じ。

残りの天井・壁をグレー黒にすることで、廊下からリビングに入った時に正面の白壁が目に入ってきて

部屋の抜け感を出すことで、少し部屋を広く見せています。またキッチン前の壁やドアには

カーキに近い緑系を塗装しています。部屋のコーディネートでよくありがちなのが

何色も色を入れがちですが、基本3から4色までに抑えると部屋がまとまってすっきり見えますよ。

今回塗装に使った色は、グレー黒の艶なしと白系と緑系の3色で抑えています。

艶ありとか艶なしとかよく耳にすると思いますがそれぞれの特徴として、艶なしの場合は綺麗に見えますが

掃除が若干面倒。艶ありの場合は、掃除は楽ですがテカテカして安く見えてしまいます。

どんな材料にもメリット・デメリットがあるので。

今回グレー黒の壁や天井にすることを相談しながら決めた時は、施主さんもどんな風になるのか?

凄く心配そうでしたが、実際の完成したお部屋を見て喜んでいただけました。

なかなか住宅で黒系を使うのって勇気がいりますよね。でもすごくアンティークというか

ノスタルジーというかそういう雰囲気が出ますので。
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
1日1回クリックしてランキングにご協力ください