みなさんこんにちは。今日は昨日と変わって曇りの空模様。午後から雨のようですね。

今日はリノベーションでよく使っている「突板のドア」と「塗装ドア」を見比べてみたいと思います

まずは塗装ドアから

塗装ドア
塗装のドアは基本「ローラー」と言われる物で塗って行きます。艶ありや艶なしによって表情が

変わってきます。こちらは3分艶という艶ありです。またローラーで塗るため色むらが出てきますが

そこが塗装ドアの良い所のひとつです。続いて突板のドア

突板(つきいた)という材料は、木を薄くスライスし下地となるベニヤ板に張り付けた材料です

比較的効率が良く木の質感を損なう事がないので頻繁に利用しています。よくある木の柄をプリントした

物ではなく木そのものを薄く切りだしたものなので、この辺りをよく混同する方がいますがまさしく

本物の木です。特徴としてはコストが比較的抑えられるので、高価な材料のオークやウォールナットの様な

材料でも頻繁に使う事が可能です。また色々なパターンが出来るというのが特徴です。

塗装ドアも突板ドアもそれぞれに味や特徴があるのでお好みの雰囲気に合せた物を選んでもらうように

しています。メンテナンスの面では、塗装ドアが有利かなぁと思いますが・・・
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村