中古マンションを買ってリノベーションする時に、どういう物件を選べば良いのか。

リノベーションにおける物件内見の時のコツ、今回は「天井」についてです。

天井には2種類あります

解体後の表情って解体しないと分からないですよね。でも、ちょっとした知識があると

解体しなくても解体後の表情がなんとなくイメージできるのが、天井です。

天井には、2種類あります。「直天井」と「二重天井」と言われる物ですが

どのように違うのか?をみていきたいと思います。

直天井とは??


「直天井」とは、コンクリートの天井面に直にクロスなどを貼ったりして

仕上げている状態のことを言います。この場合コンクリートに直接クロスなどの仕上げ材

を貼ったりしている為、これ以上天井を高くすることはできません。しかしその分

コンクリートを仕上げ材として魅せる「コンクリート現し」という仕上げ方法を

リノベーションで活用したい方には、魅力的だと思います。その理由として

直天井の場合、上記の画像のようにコンクリートに何らかの仕上げ材が直接

貼られています。それらを全て捲って既存のコンクリートを魅せるので

のり跡や色むらなどが出てき、所々表情が異なる所が魅力です。

但しこれ以上天井は上げれない為、天井高を高くしたい人には不向きな天井仕上げです。

二重天井とは??


「二重天井」とは、コンクリートの天井面に天井組みをして、少し下げたところに

仕上げ面を設けている状態のこと。(天井組みはLGSと言われる軽量鉄骨組みや角材を

使用した木組などがありますが、この骨組みにボードを貼って仕上げ面をつくり、

電気線などを通す天井裏スペースを設けている状態です。)

リノベーションの場合、この二重天井を解体してスケルトン状態とすることで、

天井裏スペースがなくなり、その分天井高さがアップできるという具合です。

物件にもよりますが、10センチから15センチほどアップできる場合が多いです

直天井と二重天井を見分ける方法

中古マンションの内見時に、直天井か二重天井かを見分ける方法はとても簡単です

現状の天井を軽く叩く事によって見分けがつきます。叩いた時に「コツコツ」という

様な音がした時は、直天井の場合が多いようです。一方叩いた音が少し響く様な時は

二重天井の場合が多いです。またもう一つ目で見て解る方法が、和室の壁の様な

ザラザラした仕上げ材の場合は、ほとんどが直天井になっています。

直天井か二重天井かを見分けて事前に確認することでリノベーション後を想定

物件内覧時に天井の仕上げ方法が、どのような構造になっているのかで

リノベーション後の雰囲気も変わってきます。天井を出来るだけ高くしたいという場合は

直天井では、それ以上高くできません。一方二重天井の場合は、比較的自由度が高いです

天井を今より高くしたり、コンクリート現しの仕上げなどと言った天井にも対応できます

内見時に少しチェックすることで、その物件では天井を今より高く出来るのか?という事が

判別できるので、内覧時には天井も忘れずにチェックするようにしてみてください。

【物件購入+リノベーションという方はこちらもおよみ下さい

中古マンション購入前の注意点と契約前の同行見学について】

【合わせて読みたい】→何処まで出来る?中古マンションリノベーション