皆さんたまに「モルタルで作られた洗面台」とか「モルタルで作られたキッチン天板」

とかをリノベーション会社さんの施工事例でみかけませんか?

見た目はすごくかっこいいかもですが、よく考えて下さい。その理由は

モルタルで洗面台やキッチン天板を作るとなると、洗面器やシンクの大きさの

開口を事前に開けとく必要があります。洗面器やシンクはそれほど頻繁に壊れたりしませんが

万が一使っていくうちに壊れてしまった場合どうします??モルタルで作るという事は

今の大きさの洗面器やシンクしか設置できないという場合があります。またモルタルは

必ずヒビが入ります。そして洗面器やシンクをメーカーの物を使っている場合

メーカーさん側もその物が一生あるわけではないです。廃盤になったりマイナーチェンジなどを

することが多々あります。もし今選択している洗面器やシンクが将来つぶれて交換となった時に

その寸法の洗面器やシンクがなかったという事を想定していますか??もちろんこれは

提案する側の問題もあります。見た目がかっこいいからとか雑誌でみてかっこよかったから

という選択でモルタルの天板や洗面台にすると何十年先に後悔することもあります。

どこにどの材料を使っていくかという事も考えて提案することを本当はしなくてはいけないのです。
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
1日1回クリックしてランキングにご協力ください