建築士のリノベーション講座本日は、中古物件選びの本当に見るべきポイントは何処か?

中古マンションで内覧するときに、ほとんどの方が部屋しか見ない。これは実は無駄な作業です。

何故か?それはリノベーションをするという前提で内覧されている訳なので、現状の部屋は

なくなってしまう訳なのでさらっと見るだけで大丈夫なんです。

中古物件選びのポイントでは本当に見るべきポイントは・・・

「共用部分の廊下や自転車置き場・ゴミ置き場」なんです。

なぜ?このような部分を見るのか?と不思議に思われると思います

ほとんどの方が大事なのは、部屋じゃないの?と考えます。

しかし一番大事なのは、上記の部分なんです。では何故か?を

説明していきたいと思います。

共用部の廊下や自転車置き場・ゴミ置き場などは、そのマンションの住人すべてが使用する部分です。

この部分がきちんと整理整頓されている物件は、きちんと管理されているマンションという事です。

定期的なメンテナンスも共用部分がきちんと管理されているマンションでは、記録もちゃんと残し

メンテナンスも定期的にされています。「管理人さんや管理組合さんがしっかりしている」

という事です。逆に自転車置き場やごみ置き場が散乱しているマンションでは、メンテナンスも

ほとんどされていなかったり、何かあった時に対応がいい加減などといった場合があります。

一番見るべきポイントは、部屋ではなくこういう共用部を確認することが中古物件選びでは

実は本当に見るべきポイントなんです。資料請求頂くと物件選びのポイントチェックシートを

同封しているので物件選びの際に役にたつかと思います。資料請求はこちらから
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村