建築士のリノベーション講座。今日はプランを考える側についてです。

先日リノベーションでご相談があったのですが、その中でご相談に来られたFさんから

「実は他にも色々話を聞きに言ったのですが、プランナーとかデザイナーとか建築士さんとどう違うの

でしょうか?」というご質問がありました。建築業界の方なら知っていますが、このプランナーとか

デザイナーというのは、建築士と決定的に違います。全然知らない方からすると全て同じだと思うのは

当然です。プランナーやデザイナー・建築士、プランを考えるのには変わりないですから。

しかし決定的に違うんです!。とその前にもしあなたが「新築」を建てるとします。その場合相手が

建築士かどうか確認しますよね。もしくは建築士さん同席で打ち合わせなどしますよね。

リノベーションも実は「新築」と同じで建築なんですね。違いと言えばその側の「箱」があるか?

プランナーとかデザイナーと建築士が決定的に違う点・・・それは「建築士は建築の知識をきちんと持っている」

建築士というのは、国家資格です。きちんとした経験や知識がない限り取ることはできない資格です。

一方プランナーやデザイナーと言うのは、本人が「デザイナーです」とか「プランナーです」と

言ってしまえばプランナーやデザイナーです。ほとんどの建築士の考えるプランは、家具などの寸法や

風の流れ具合・納まりなどと言った細かい所まで考えてプランをつくります。家事動線とかは当たり前です。

リノベーションは、トイレの便器を変えたりクロスを張り替えたりするリフォームとは違います

元ある排水孔にどうのように持っていくか?これは取れる壁か?取れない壁か?などが後々工事に

大きく影響してくるのがリノベーションです。建築士と言うのはそういう所まで考えてプランを練っています

もしあなたの担当の方が、プランナーとかデザイナーとかだったら本当に知識があるかどうかの判断は

簡単です。各部分の納まりや排水経路・電気経路など素人では解りにくい所を説明できるか

聞いてみてください。こういう所は、プランを練る側としては知っていて当たり前の所です。

プランナーとかデザイナーとか一見響きがお洒落でかっこいいかもしれませんが、大事なのは

きちんとした説明や知識の元プランを考えているか?だと思います。但し必ずしも資格があるから

安心という訳でもありませんが。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村