建築士のリノベーション講座。今日は「中古物件選びで失敗する人」についてです。

中古物件を選ぶ際に重要視する部分は、人それぞれですがほとんどの方が「間取り」をまず

見ると思います。不動産屋サイトだったりチラシだったり。その中で理想の物件がいくつか

見つかると思います。狙っている物件だったり金額が予算内だったりといった条件にあった

物件をピックアップします。ここから物件選びで失敗する人と成功する人との差がはっきり

わかります。失敗する人とは・・・・

●物件をピックアップしすぎる人・・・10件も20件もピックアップする人は条件が定まっていない

●多少でも良いなと思った物件に内覧に行かない人・・・写真や間取り図では解らない事(周辺環境など)が

あります。多少でも良いなと思った物件があればめんどくさがらずに内覧に行くべきです

●少し予算がオーバーしているからと言って諦める人・・・予算オーバーだからといって諦める人がいます

しかし実際売値価格というのは、あくまでも相手側の希望値段なんです。不動産でも多少の値引き交渉は

可能なので少し予算がオーバーしているからといって諦めず、一度内覧して値引き交渉してみるべき

●条件を絞りすぎる人・・・駅から徒歩何分以内は絶対とかこの建物以外はないとか・・・あまりにも

条件を絞りすぎる人は、いつまで経っても物件を手に入れる事はできません。

少し条件を広げる事で予算内で良い物件は見つかる可能性は大です。

上記の様に自分たちの条件などを頑なに決めている人の場合、不動産屋さんは

「この人買う意思があまりないなぁ」と思ってしまいがちです。そしてそういう人には、良い物件があっても

条件が当てはまらないからと言った感じで、あまり紹介もしてくれなくなります。

そしていつまで経っても物件が見つからない・・・という負のスパイラルに突入してしまう。

中古物件選びで成功する人は、条件も大事ですが臨機応変に対応している人は

皆さん良い物件を見つけています。
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村