そのリノベ待った

だぶんリノベーションを誤解している

中古マンションのリノベーションがちょっとしたブームになってます。でも、今のままだと

日本人の文化の中で単なる一過性のデザインの流行として消費されるだけで終わって

しまわないかって心配なんです。例えば、リノベーション済みマンションとして流通している

中途半端に価格が高い売り物件の存在。リノベーション賃貸といった妙な用語。

定額制リノベーション、リノベーションパッケージ、リノベ…もはやリノベーションという

言葉が大安売り状態すぎて、業界もユーザーも混乱しているんじゃないかと思われます。

人口減少と空室物件の増加で、新築物件の販売が頭打ちになることが確実な日本。

実は不動産業界としても、これからはもっと中古物件を流通させていかなければ、

やっていけなくなるのです。でも今までは業界自ら、

「新築の方が中古よりも価値が高いに決まってる」という考え方を煽って、宣伝してきた

歴史があります。だから一般的な日本人には中古というだけで、不安、不潔、不信感…

というイメージがこびりついています。今さら、「中古もいいですよね!」って叫んでも、

なかなかユーザーは反応しません。だからせめて表面だけでもキレイにリフォームして、

新築っぽい印象にお化粧してから売りに出したりします。それでも今までのリフォームと

いう言葉には、中古の住宅はどれだけキレイにしても新築には劣るよね…というネガティブな

印象がセットでつきまといます。このままではやっぱり新築に変わる業界の飯のタネとしては、

ちょっと弱い。業界としてはそのイメージを払拭して、なんとなくオシャレっぽいでしょ?

という気分を演出するために、 リノベーションという言葉を使うことで今まで中古に

消極的だったユーザーの消費気分を上手く煽りたくて必死なんです。 なんだ今まで新築押しで、

中古を潰してきた不動産業界のくせに、身勝手だな~とは思うかもしれませんが、

そういう時代の流れになっているということです。

表面だけお洒落にしたなんちゃってリノベーションもある

業界では、表面だけをキレイにお化粧してリフォーム済みとして売っていた中古物件を、

「リノベーション済み」と名称を変えることで、みせかけおしゃれ感を演出したりそういう

情報操作というか糊塗策みたいなことばっかりやってる。つまり、なんちゃって

「リノベーション済み」…更には肝心のライフラインや断熱結露の事なんか、なんにも考えずに

平気で外気に接する壁をお洒落だとか流行だとかでコンクリート剥き出しにしている場も・・・

もう住んでみたら大変だ!!って思いますよ、きっと・・・


リノベーションというものは、古くなって価値が落ちた物件を再生することに意味が

あるんですよね?だから自分自身がリノベーションの過程に関わらないと、その再生された

価値が生み出す利益は自分に還元されません。つまりリノベーション済みの

中古物件というのは、業者側に利益が還元されたかたちで流通している、

価格ほどの実質価値がないものなのです。

リノベーションは自由に暮らしていく武器だ!

リノベーションは、自分たちの好きな様に出来るというの前提。好きなスタイルや素材・・・

そういう暮らしを手にいれたいからリノベーションをするわけで。不動産業界が流通させようと

するリノベーション済み物件とか、リノベーション会社が提案している定額制の

リノベーションとかパッケージ的なリノベーションというのは、それぞれ本来の

リノベーションの意味からすると、本質を外しています。まさに、消費者の消費を

煽る商品に成り下がっています。せっかくのリノベーション・・・計画段階から

しっかり関わってもらって、一緒に考えながら進めていくのが最もメリットが

あると思います。それでも、市場に流通させられているリノベーション済みや、

なんとなく手軽で気楽そうな定額制やパッケージ的なリノベーションを購入検討する

人は結構いるのかもしれません。もちろん僕たちは自分自身で中身のコストの

かけ方まで全てをコントロール可能な本質的で本来的なリノベーションにチャレンジする

ことが最も安全で安心だと考えていますが、もしあなたが手軽でお気楽な選択肢を

選ぼうとしている場合は、「自由に暮らしていく武器だ」という事を忘れないでほしいです。