なぜ中古物件?

今、なぜ新築ではなくて中古マンションを選ぶべきなのか?

建築の専門知識を持つプロから見ると
新築よりも中古物件の方が圧倒的に魅力があるからです
新築よりも中古物件が「魅力的な3つの理由」

理由1 中古物件は価格が安く、街を選んで買える

  1. 新築マンションは買った瞬間に2〜3割も価値が下がる
    新築マンションには売り手の「営業費用」「モデルルーム費用」「広告宣伝費用」がすべて含まれている。
  2. 中古マンションは交通の便が良く、地盤の良い立地が多い。好立地なので価格も安定。
    シンプルですが、先に建てたほうが、好立地にあるのは当然。
    築千数の古い中古マンションの立地は、交通の便や社会インフラが伝統的に整備されていたり、
    本来的に地盤の良さを備えている所が多いです。また、そういった物件は将来価値も下がりにくいし、住み替えや賃貸に出す時も苦労しません。将来人口が減ると新興住宅地はどうなる?
  3. 街に投資するという視点が、将来を豊かにする条件
    どの物件に住むかの前に、どの街に住むかという視点が大事です。中古マンションなら街や環境の選択が自由に出来ます。そして、それが資産性につながります。
  4. 同じ条件なら、中古は新築の半額で買える
    立地、間取りなどが同じ条件なら、中古は新築の半額で買えます。
  5. 住宅ローンの条件も新築と中古マンションの差が無くなった
    今では住宅ローンも新築と中古マンションの条件格差がなくなりました。

理由2 中古なら実際に物件を見て管理状態を見て買えるのでリスクがない

  1. 築30年のマンションのほうが、築10年の物件よりもキレイ。
    耐震性についても築年数が新しければ単純に安心ではない。
    実際に築30年以上の中古物件を見て、築10年のタワーマンションよりキレイな印象を受けることも
    よくあることです。例えば、耐震性についても築年数が新しければ単純に安心ではないのです。
    新しくても維持管理に問題があれば駆体の劣化は早いですし、古くても管理状態が良ければ耐震改修で性能の向上も図れます。
  2. 管理が悪ければ価値が激減します。中古マンションは管理が見えて安心。
    新築は管理が見えないのでが不安。
    中古マンションはこれまでの管理の歴史がすべて見えるので、将来の管理がどうなるかを確実に予測することが出来ます。

理由3人生に自分らしさの余裕が生まれる

  1. 価格が安い、ということで人生の選択肢が大きく広がる
    限られた予算を内装や設備に多く振り向けたり、家具にこだわることも出来ますし、その後の暮らしの中で旅行や遊びなどに割ける余裕が生まれ、人生の選択肢が広がります。
  2. 中古を買い「自分らしリノベーション」が急増中
    専門家と一緒に知恵を絞れば、どんなに古い中古でも予算の中で想像を越えて豊かな住み心地を
    獲得できます。また実際の眺望、空間の大きさ、光や風の入り方、間取り変更の可能性を、現物を見ながら検討できるのも新築にはない中古の魅力です。

なぜいまあなたに中古マンションをすすめるのか?

事実をいまから詳しく説明していきます

  1. 新築マンションは買った瞬間に2〜3割も価値が下がる
    「実は資産価値は下がらない」ということが、中古マンションをおすすめする理由です。実はかなりの人が勘違いしているポイントなのですが…最初は、みなさん、価格が安いからという理由で中古マンションを探し始められて、そのうち段々不安になってくるんですよね。何かというと、「安いなら安いなりに、(中古は)資産価格が大きく目減りしないか」ということです。新築マンションの場合、実は買った瞬間に値下がり率が一番大きいという事実はあまり知られていません
    一方中古マンションは、比較的均一な値段をキープします。これは日本はどうしても「新築」の方が価値が高いという傾向があるためです。
  2. 中古マンションは、交通の便が良く地盤の良い立地が多い。好立地なので価値も安定
    新築よりも中古のほうが周辺環境が良い地域に立地している場合が 多いというのは事実としてありますこれは歴史を考えればわかるのですが、中古マンションの方が新築よりも先に建ってている為
    駅近や立地の良い場所にある場合がほとんどです。この為資産価値が下がりにくいという傾向があります
  3. 同じ条件なら中古は新築の半額で買える
    中古マンション最大の魅力は、同じ条件なら新築マンションのほぼ半値で買えるということです
    中古マンションは諸費用が高いと言われますが価格が圧倒的に安いのですから比較する意味がありません。中古マンションは新築に比べて圧倒的にリーズナブルなのです。
  4. マンションは管理が悪ければ価値が激減します
    管理のレベルというのは、管理組合によって左右されます。実はこの管理のレベルはある程度年数が経たないとわかりません。新築マンションの場合管理は一から形成しなければいけません。
    しかし中古マンションは既に管理の形態が出来ています。
  5. 人生に自分らしさの余裕が生まれる
    中古マンションは、少ない予算で買えしかも利便性の良い場所が選びやすいです。さらに自分達の好みの内装にリノベーションでき、お気に入りの家具や雑貨に囲まれながら無理のない生活ができます。

とっくに新築の時代は終わっています・・・

中古マンションは資産価値がさがる。断然新築の綺麗さの方が良い。そのような時代は終わりました。リノベーションで自分たちの住まい方を追求する人が増えてきています。新築は「絶対だ」という方には中古物件+リノベーション=自分たちの住まい方という、心の豊かさは味わえない事でしょう。