収納をむやみにふやさず適量適所の計画を

不足しがちな収納スペース。限られたスペースだからこそ

隠す収納と個性の演出を兼ね備えた魅せる収納を上手に組み合わせて

収納は多くのお宅にとって課題です。リノベーションをしても収納の問題が解決されないと

暮らしのストレスがなくなったや生活が豊かになった、という実感がわきにくいので

しっかりと計画してください。

リノベーションのタイミングで、持ち物を見直し、ものの量や処分できる量を把握し

新居の収納が十分に確保できるようにしましょう。

 

気を付けたいのが、収納スペースをむやみに増やすと、ものの量もそれに合わせて

増えてしまいがちということ。活用できないものをしまい込むために、リビングなどが

狭くなってはもったいないので、適正な場所に適正な量の収納を計画しましょう。

見せる収納を活用してメリハリを

リビングなどの収納は、飾りながら収納する事で

空間がいきてき、オリジナリティが出せます。

見せる収納を作れるのは、リノベーション

ならではの「楽しみ」です。隠す収納も

きちんと作り、見せる収納の範囲を絞り込めば

綺麗に状態を保つ自身のない人でも、自分たち

らしいアクセントのある空間をつくれます。