キッチンでの過ごし方を考えてレイアウト選択を

狭くて複数で作業しにくく、収納量も不足しがちなマンションのキッチン

隠す・見せる収納を組わせ、モノが循環しやすいように

宝塚リノベーションキッチン

閉鎖的な間取りが多い中古マンションのキッチン。リノベーションでは、キッチンで

家族ら来客とどのように過ごすかというところが、プランを考えるのポイントです。

 

「みんなで使える様に」「オープンに」という要望が、最近では多いです。特に小さい

子どもがいる場合は、作業しながら様子を見たいのか、振り向いた時に見ればいいのかに

応じてキッチンの向きも検討しましょう。

オープンキッチンにする場合、キッチン設備を

ダイニング側に対面式で配置すると

背面の壁を天井まで収納スペースにすることが

出来るので、電子レンジなどの家電も

置ける収納量を確保しやすくなります。

 

 

またゴミ箱の置場も事前に検討しましょう。あらかじめシンクの下やカウンターの下に

ゴミ箱スペースを計画しましょう。オープンキッチンは、見えている物を意識し

見た目よりも心地よい状態を保つ必要があります。

対面キッチンの場合は、カウンターに立ち上がりを作って手元を隠す方法もあります。

キッチンの収納は、隠すところと見せる所の「メリハリ」をつけて、

ものを循環させやすくしましょう。

配管・ダクトの移動は事前チェックが不可欠

キッチンは、配管工事が必要な設備が多いので、出来るだけ位置の移動の距離は短くした

ほうがコストを節約できます。また移動距離が短ければ、排水管の勾配を付ける為に

床を高くするデメリットも抑えられます。

換気扇の位置を移動する場合は、既存の排気口にダクトをどのように繋げるのかを検討

しましょう。排気口は、住戸ごとに屋外に出ているケースが多いですが、古いマンションでは

まれに、各住戸の排気口が共用のダクトスペースに接続している事もあります。

 

また排気口が、天井方向ではなく壁方向にについていることもあります。

キッチンの移動は、慎重な判断が必要になってくるために、事前に住まいの専門家に

みてもらいましょう。