もう少しで始まる西宮市のリノベーション。急ピッチでパースを作成しています

一先ずLDKのパースと玄関から廊下にかけてのパースが出来たのでちょっとご紹介

今回は壁の仕上げは塗装で仕上げます。天井は当初躯体現しの仕上げの予定だったのですが

一部事前解体で確認したところ、ちょっと躯体が汚かったので塗装仕上げに変更。

こういう所は解体してみないとわからない所の一つです。今回は事前に少しだけ解体できたので

解体前に確認が出来て良かった所です。当初コンクリート現しの仕上げにする予定だった理由の

ひとつに「天井高をあげたい」という所があった為、天井を作るのをやめたというのが

現し仕上げにした理由なんですが、躯体が思ったより汚いのでちょっと悩みましたが

天井も塗装にして、出来るだけ黒系統の色で影を付けて目の錯覚を利用して天井高を高く見せる方向。

黒色系統を入れることで奥行があるように見えてくるんですよね。

廊下部分は一部の壁を白色のエイジング(使い込んだ仕上げ)を入れてみようかと思います

また天井には、今回のリノベーションのコンセプト

「昔この建物は会社とその会社の倉庫として使われていた」というイメージで

昔使っていただろうという「ガス管」を天井からつりさげる予定です。このガス管はダミーなので

実際にはガス管の機能は持たしません。言ってみればディスプレイの様な感じでしょうか。

パースを作ることで部屋のイメージがつかんでもらい、今回の様に塗装仕上げにする場合は

基本的には色は、施主さんに選んでもらうのですが提案として「こんな色はどうかな?」という

参考でパースの時にはいれています。パースはあくまでもイメージをつかんでもらう事のツールなので

実際のリノベーションとはちょっと変わる事がありますが、それでもどんな感じがはつかめるのでは

ないでしょうかね??

~timeless in koshien~

Timeless in Koshien コンセプトはこちら

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
1日1回クリックしてランキングにご協力ください

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
1日1回クリックしてランキングにご協力ください