北摂の団地リノベーションで知っておきたい事をお教えいたします

リノベーションを北摂地域でご検討中の方向け

団地リノベーションで知っておきたいこと

全国的にも人気の「団地リノベーション」ですが、大阪・神戸周辺でも団地に住む若い世代の方が増えてきました。特に大阪・神戸は、団地の数が多くそのほとんどが、「空き家」状態になっています。その理由として設備や間取りの古さ、そして階段しかなく不便に感じる所がひとつの要因になっているのかもしれません。しかし物件価格を抑えてリノベーションして団地に住む、という方が増えてきているのも事実です。団地は、マンションと違って制約が多い建物ですので、ここでは団地リノベーションについてお伝えしていきたいと思います。

構造がしっかりしている

団地は5階建てぐらいの建物がほとんどです。いわゆる「低層建物」です。マンションと違い「壁式構造」と言われる構造です。壁と梁で構成されている為、地震に強い建物です。その証拠に団地は、新耐震基準といわれる法律の前に施工された建物がほとんどですが、阪神淡路大震災や東日本大震災といった大きな地震でもほとんどの団地が倒壊していません。

 

物件価格が安く立地が良い所が多い

団地のほとんどが、昭和30年代から50年代に建てられています。築30年以上の建物が、ほとんどです。建物の価値は25年~30年ぐらいで底値となり、同じ条件であれば新築の半値以下で物件が購入出来る為、リノベーションに充てる金額に余裕ができます。さらに団地は世帯数が多いためマンションよりも管理費や修繕積立費が安く抑えらえています。

広い敷地にゆったり建築され、緑が豊富

団地は、近年のマンションと違い広い敷地にゆったりと建築されています。その為1棟と1棟の間隔が広いため、風通しや日当たりが考えられないほど良いです。また建蔽率・容積率という建築基準法で定められた法律に対して、余裕をもって建てられている為、将来高層化なども十分でき、増えた住戸の販売によって費用をまかなう為、元からの住民は負担なく新しい住戸に住めるという事があります。また緑が今では考えられないほど充実していたり必ずと言っていいほど「公園」が併設されている為、子供を遊ばせたり散歩したりでき都市型の高層マンションでは考えられない住環境の魅力です。

団地リノベーションの問題点

設備・仕様の古さが心配

団地の設備や仕様は、正直かなり使いにくさと古いです。リノベーションを前提に購入される方がほとんどだと思うので、洗面やお風呂・トイレ・キッチンなどの設備は、一新してしまうので問題はないと思いますが、トイレや洗面所・お風呂などはほとんど位置変更ができないです。その理由は、団地はマンションと違って共用の排水管(縦管)と言われる物が室内にあるためです。位置が変更できないですが、設備を一新することで古さや使いにくさの問題点は解決できます

お風呂は変えれるのか??

団地のお風呂は、昔のとっても古いタイプです。しかも団地のお風呂周りの壁は壊すことのできない構造壁と言われる壁で出来ているのがほとんどです。ほとんどの業者さんが勘違いしているのが団地にユニットバスは設置できない。という事です。しかしサイズさえあえば団地にもユニットバスが設置できます。

ユニットバスを設置した例

 

給湯器は設置できるのか?

団地には給湯器がほとんどついていません。そのかわり「瞬間湯沸かし器」という物がキッチンについています。これはキッチンのみお湯が出る仕組みでお風呂は「バランス釜」という物でお湯を作っています。洗面所は水のみ。という構成の団地がほとんどです。この仕組みでは現代の生活スタイルにマッチできないのが現状です。給湯器をつければ問題ないのですが団地の場合は、その設置できる場所が外壁になってしまうため「管理組合の許可」が必要です。許可が下りない場合でも、バランス釜タイプの給湯器があるため各水回りにお湯を供給できるので今の生活スタイルに問題なく対応できます。但しバランス釜タイプの給湯器の場合ユニットバスが限定されてしまいます。

建て替えが心配・・・

せっかくリノベーションしても「建て替え」が・・・という事を心配される方がいます。もし建て替えの話がある場合は、何処まで進んでいるのか?を必ず確認してください。但し建て替えには、住民の4/5の賛成が必要な為なかなか「建て替え」とはなりにくいです。

取れない壁・大きな梁の存在が・・・

団地は壁式構造といわれる構造の為、室内にとれない壁と大きな梁が存在します。マンションのラーメン構造に比べて間取り変更に大きく影響してきます。これは一番の問題点かもしれません。しかしこのデメリットを上手く活用することで解決できます。

団地リノベーションで大きく変わる

団地リノベーション事例

リノベーション前

リノベーション後

団地リノベーションの魅力

団地はマンションに比べて制約が多い建物です。一見敬遠されがちですが、近年団地リノベーションは若いご夫婦や年配の方まで幅広い層に人気があります。そのままで住むにはかなり無理がありますがリノベーションを前提で団地に住むという方法は、マンションとは違う魅力の一つです。団地という良い建物を残して行く方法の一つが「リノベーション」です。だから私たちは「団地リノベーション」にも取り組んでいます。

リノベの学校に戻る

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト