西宮市「倉庫の面影を残して・・・」

西宮市に位置するマンションリノベーション

  • HOME
  • 西宮市マンションリノベーション「倉庫の面影を残して・・・」

リノベーション概要

兵庫県西宮市甲子園に立地する3階建て鉄筋コンクリート造の物件。元々DKと和室2室・水回りという間取りを1LDKの女性ひとり暮らしの間取りにリノベーション。ここの物件は「どこかの会社の倉庫兼カフェスペースとして使われていた部屋を今度は住宅へ」というストーリー性を持たしています。当時使っていた様なドアや案内のサインなどを再現しつつ住宅の機能と動線をプラスした間取りになっています。また解体したら出てきたという設定の天井から吊るした水道管(ダミー)はデザイン的な部分だけではなく、室内物干し場としての機能性も持たせています。ドアは全て引戸とすることで、廊下や洗面・トイレといった空間でバッティングしないように配慮し玄関・廊下からLDKへ、LDKから洋室へ、洋室から玄関・廊下へと廻れる動線になっています。また50㎡弱の為多少でも広く見せる様に玄関から廊下をあえて少し暗くし、リビングに入った時の正面の壁のみを白くすることで抜けた明るさを利用し、天井は上げれる限界まで上げ更に黒系統の塗装とすることで影を作り部屋を広く見せる様にしています。「昔は倉庫の様なカフェの様な空間として利用されていた」そんな面影の残るリノベーションになっています。

建物データ
●場所:兵庫県西宮市●構造:鉄筋コンクリート造●工期:約2か月

西宮市マンションリノベーションの工事の様子はこちら

Photo Gallery