リノベーションを神戸でする時に「水周りの床材」で迷ったら!?

リノベーション成功への道

リノベーションでリビングなどの床は、無垢材に決めたけど水回りの床はどうしようと悩まれる方が多いのではないでしょうか。水跳ねがある水回りで、無垢材はちょっと抵抗がある方や無垢材を使いたいけど、やっぱり水跳ねが気になるという方などリノベーションでの水回りの床をどうするかで悩まれますよね。そこで今回は水回りの床材の代表的な3種類の特徴などをお伝えしていきたいと思います。

リノベーションでの洗面やキッチン・トイレの床材選び

水回りの床材の種類3選

水回りの床材で、よく使われるのが「無垢材」「フロアタイル」「CFシート」の3種類ではないでしょうか。タイルというのもありますが、今回はこの3種類についてみていきたいと思います。

無垢材を使う場合

リビングなどと同じ無垢材を使って、部屋の統一感を出したいところですがやっぱり気になるのが水跳ねではないでしょうか洗面やトイレ・キッチンでは、気をつけていても水跳ねで床が濡れているといった事が起きてしまいますよね。水回りに無垢材を使う場合の気を付ける点は、「濡れたらすぐ拭く」という行動を徹底することです。これを怠ると「しみ」になってしまいます。拭き方としては、固く絞った雑巾で拭くのが基本ですが、それでもダメな場合は、中性洗剤を薄く薄めて擦ると大丈夫な場合が多いでが、手ごわいのが「油はね」油はねのシミはなかなかとれません。予防策として、キッチンの床にキッチンマットなどを敷いてガードするのがよいかと思います

フロアタイルを使う場合

まずはフロアタイルについてご説明したいと思いますフロアタイルは、塩化ビニル製のタイル状の床材で厚さは3mmほどの厚さで、キズに強く耐水性にも優れていて施工も簡単。また種類も豊富で、特に無垢材の質感をリアルに再現しています。フロアタイルを水回りに使う利点としては、水跳ねを気にしなくてもよいという所です。フロアタイルは耐水性に優れている為、無垢材の様に濡れたらすぐ拭く、という行動を気にしなくていい。水で濡れてもシミになったりすることが、ほとんどない為あまり気にせず水が使えるという所です


左がフロアタイル・右が無垢材

CFシートを使う場合

CFシートは、クッションフロアとも呼ばれる材料です。フロアタイルの様に、耐水性に優れていますがクッション性があるために、歩くと少しふわふわした感じがするのが特徴です。クッション性があるために重い荷物などを置いておくと、跡がつきます。フロアタイルは、1枚1枚がタイル状になっていますがCFシートは、シート状になっているため、張った時に継ぎ目が出にくいという特徴があります。

掃除やデザインの観点から

無垢材やフロアタイルにCFシートと、水回りの床材選びは悩む要因ではないでしょうか。掃除の観点からみてみると、断然フロアタイルやCFシートの様な塩ビ系素材が優れています。その中でCFシートは、木目やタイル柄などはプリントのクオリティが劣りますのでCFシートを選ぶときは、できるだけ一色の色や無地系を選ぶのが無難です。一方フロアタイルは無垢材の凹凸まで再現されているので、一瞬見ると無垢材と区別がつかないぐらいです。

デザイン性から見ると、断然無垢材に軍配があがります。他の部屋との統一感もありますしまた何より、フロアタイルなどと違い素足で歩いた時のベタベタ感がありません。ただし水に濡れた時は、すぐに拭くというこまめな作業が必要です。

まとめ

リノベーションでの水回りの代表的な床材をみてきました。3種類ともそれぞれメリットデメリットがあり、どの材料を使うのが水回りには正しいという事ではないと思います。コストとの兼ね合いと、掃除をこまめにされる方なら無垢材でも問題ないと思いますし掃除を少しでもラクしたいと思われる方なら、フロアタイルやCFシートが向いています。水回りの床材選びに迷った時は、掃除をこまめにする方かそれとも少しでもラクしたい方かで選ぶと良いのではないでしょうか。是非参考にしてみてください。

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT