リノベーションの色んな情報がありすぎて・・・

リノベーション成功への道

リノベーションを専門にしている私たちですが、最近ふと思うのが「リノベーションの情報」すごいあるなと思います。ネットで検索すると沢山でてきて、沢山の会社が色々な情報を載せています。私たちもですが・・・

なかには間違った情報や同じような情報が延々と載っている所もあります。情報を知る事は、とても良い事だと個人的には思います。その理由は、リノベーション会社の中には「専門用語」を使って如何にも「知識がある」様にみせる所もあります。お客さんは知らないから、それらしい事を言って「安心感」を植え付けていきます。そうならない為に、ある程度の「知識」は必要だと思うのです。

でも・・・沢山の情報を知る必要はないのではないかと?と思います。最低限の情報で良いのではないかと・・・例えば「断熱」の方法とかの場合、「断熱は大事」という事だけ知っていればいいのではないでしょうか。断熱の方法は、色んな方法があります。その方法のどれを選ぶか?は、予算や各マンション・戸建住宅の状況によってかわってきますし。

その時に、本来工事側の人間が「こういう材料でこういう方法で工事し、こういうデメリットやメリットがあります」という事をきちんと説明すればいいのではないかと思うのです。いや、本当はそうあるべきなんだと思います。実際に現物を見ながら説明する方が、断然わかりやすいですし。

私たちも情報は出していますが、現場にてその時その時により詳しく説明し、極力専門用語は使わない様にしています。そうすることで、「こういう風になっているんだ」とか「こんな所は気を付けた方がいいんだ」とか、目でみてもらい手で感じてもらい、ネットなどの情報ではわからない部分も知ってもらう様にしています。

そうすれば完成した時に、「一緒に作った」という実感がより感じてもらえるのではないかと思うのです。情報は大事だと思います。でも今のリノベ会社のほとんどの「情報」は、どこでも載っている様な内容です。それは自分たちが、建築という専門分野を深く勉強していないという証拠でもあります。

色んな情報が飛び交う今ですが、ネットの情報だけが正しい情報じゃないと思います。逆にそういう如何にもな情報が、リノベーションを考えている人を惑わしてしまうのではないかと思うのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト