皆が知りたい!リノベーションの予算はこう考えよう!

リノベーション成功への道, リノベーションを神戸でご検討中の方向け

マンションや戸建て住宅をリノベーションする場合、気になるのがどれくらいの「予算」が必要なのだろうか?という所ではないでしょうか。どれくらいの予算を見込んでおけばいいのか?という所からまずはスタートされると思います。この段階では、まだ仕様や間取りなども決まっていないので、「予算」を決めるという所は難しい所かもしれません。

しかしこの「予算」を間違えて組み立てると、後々設備や仕様・間取りを決めていって見積もりを見ると「できない」という事になりかねます。そこでそうならない為には、まず最初の「予算」をしっかり決めましょう。

さてこの最初の「予算」のたてかたですが、今お住まいの部屋の面積または、これから物件を購入予定の方は、その該当部屋の面積を確認し、その面積を「坪」換算してみましょう。例えば、70㎡の部屋があるとした場合以下の様に計算します。

70÷3.3058=21坪

70平米の部屋の場合、坪換算すると約21坪になります。坪換算が分かった所で、次は1坪いくらするのか?という所ですが、一般的に30から40万円が基本です。この30万円から40万円を先ほど坪換算した坪数に掛けると、その部屋に掛かる大方のリノベーションの工事費がでます。

ここで注意して欲しいのが、30万円の方で計算する方がいます。この場合最終的な見積もりが出てきた時に、「あれもこれも取りやめ」といった具合になる可能性が出てきます。その為「最初の予算」決めの時は、必ず高い方の坪単価を目安にしてください。そうすることで、最終的に予算オーバーとなっても「取りやめ」の所が少なく済む傾向があります。

但しこれらは、あくまでも「最初の予算を知る」という事なので、設備や仕様を決めていく仮定で「べらぼうに高い設備」を組み込んだりすると、坪単価は一気に跳ね上がります。

この「最初の予算組」に失敗する人が、リノベーションを考えている人の中に多いのが現状です。それは「どれくらい必要なのかわからない」という所が一番大きな原因です。その為、まずは「部屋の面積」を知り、そして「何坪あるのか」を把握する所から始めてみてください。そうすることで、「リノベーションの予算」を組みやすくなると思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト