リノベーションの必須アイテム!「二重窓」で結露対策

リノベーションを神戸でご検討中の方向け, リノベーション成功への道

神戸や北摂・阪神間を中心にマンションや中古戸建住宅のリノベーションをご提案している私たちでは、マンションでも戸建て住宅でもリノベーションの必須アイテムとして、二重窓をご提案しています。ほとんどの方が室内の雰囲気などに重点をおかれ、窓際の結露対策などが二の次になってしまいがちです。

特にマンションの場合は、窓際は必ずと言っていいほど結露が発生しています。最近のサッシは、ペアガラスというガラスが標準になってきているので結露しにくい構造になっていますが、ほとんどの中古マンションや中古戸建て住宅は、このペアガラスといったガラスになっているところが少ないのが現状です。

戸建て住宅の場合サッシの取り換えが容易にできますが、マンションの場合は、サッシが共用部に該当するため簡単には取り換えができません。その為なんらかの方法で、「結露」を防ぐ必要があるのですが、そこで出番となるのが「二重窓」です。リクシルだと「インプラス」やYKKだと「プラマード」と言われるものです。

これらの「二重窓」は、今ある窓の室内側にもうひとつ「窓」を設置することで既存の窓と二重窓の間に「空気層」を作ることで、外部と室内の熱温度の高低差を軽減し結露の発生を防ぐ。という構造です。

またサッシ自体が、アルミサッシという材料の為ガラスがいくらペアガラスなどになっていてもサッシ枠に結露が発生してしまう可能もあります。その為、戸建て住宅のリノベーションの場合「樹脂サッシ」という結露しにくいサッシに交換したほうが、二重窓よりも効果が期待できます。但しコストが上がるために主要部分のみ交換や二重窓で対応する。という方法がよいかと思います。

マンションの場合、本来は「樹脂サッシ」に交換したい所ですが、このサッシ交換はなかなか管理組合が許可をくれません。その為最低でも、「二重窓」にする。というのはリノベーション時には必須アイテムです。

室内の雰囲気も大事な要因のひとつですが、何もしない窓際は冬暖房などを使えば必ず結露します。二重窓にしたから100パーセント結露を防げる。という訳ではないですが、何も対策しない窓よりも結露は防げます。

リノベーションは何も部屋の雰囲気だけを変えるのではなく、こういった「結露」なども対策することがリノベーションをして快適に暮らす要因です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト