リノベの造作洗面台なにつかう?

リノベーション成功への道

神戸を中心に宝塚・西宮・吹田(北摂地域)周辺でマンションや戸建てのリノベーションを設計している事務所ですが、リノベーションでの造作洗面台、皆さんはどんな材料を使って作ってもらいますか?

少し前までは、タイルや木などの洗面台を作ってもらってましたが最近は、「メラミン」という材料を使った洗面台を作ってもらう頻度が高いです。

メラミンってなに?という所からまずはご説明していきたいと思います。

メラミンとは、メラミン化粧板と呼ばれる材料で「紙と樹脂」でできたプラスチックの板の事を言います。モルタルや木・石など様々な種類があり、一度は皆さん目にしたことがある材料です。家具や壁の装飾などによく使われています。

メラミンは、熱や傷・汚れ・水に強く耐久性がある材料なので、洗面台の天板部分にはもってこいの材料です。メラミン化粧板は、少しお値段が高いというデメリットもあります。メラミンと合わせてよく使われる材料にポリ合板という材料もあります。ポリ合板はよく棚板に使われているので、こちらも一度は目にしたことがあると思います。

少し前までは洗面化粧台の天板にタイルや木を使っていましたが、天板の角がちょっと尖ってしまい、よく丸くしてほしい。といったご要望が多かったです。タイルの場合、役物といって角に張る様のタイルもあるのですが、すべてのタイルにあるわけではないので・・・

そういった部分の改善を図る為に、最近では「メラミン化粧板」を洗面台の天板に使用することが多くなってきています。もちろんタイルや木で作ることも可能です。

メラミンにすることの利点は、色々な柄にも対応できるという点もあります。モルタルにしたいけどひび割れが・・・とかにもモルタル調や石調、はたまたカラーも沢山ありブラックにしたい。といったご要望にも対応できる点もあり、最近はメラミン化粧板をおすすめしています。

私たちでは、中古物件探しから内覧・リノベーションに関するご相談など受け付けています。リノベーションに特化した一級建築士がご対応していますので、お気軽にお問合せ下さい。

リノベーションに関するご相談・お問い合わせはこちらから

中古物件探しからのリノベーションの方はこちらから

中古マンション・中古戸建住宅の購入前内覧ご同行からご希望の方はこちらから

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト