尼崎周辺で戸建住宅のリノベーションは専門性が非常に必要

リノベーションを尼崎でご検討中の方向け

中古戸建住宅のリノベーションは専門性が重要

中古住宅の中で、一番リノベーションが難しいのが「戸建住宅」です。戸建住宅には、さまざまな工法で建築されているのがその理由でもあります。またマンションと違い柱や梁で構成されている為に、取れる柱や梁の見極めがリノベーション後の間取りに大きく影響してきます。その為「専門性」が非常に重要になってきます。

 

戸建て住宅のリノベーションは構造の見極めが重要

戸建て住宅で、一般的に多いのが「木造住宅」その次に「鉄骨住宅」です。どちらも柱と梁と言われる構造材で、建物を構築しているのですが、この柱と梁が取れるかどうがで大きくリノベーションの方向が変わってきます。


元々分かれていた部屋を一つの部屋にしたいと考えた時に、その部屋と部屋の間に「柱」があればその柱が取れるかどうかで部屋の見え方も変わってきます。その為、事前の構造の見極めが重要になってきます。

取れない「筋違い」という物も存在します

木造住宅では、「筋違い(すじかい)」と言われる構造上非常に重要な部材が存在します。この筋違いは、地震から建物を守るために「国で定められて基準」にそって配置されています。その為むやみやたらに、筋違いを取る事はできません。筋違は、建物の大きさや高さによって所定の計算をされて後につり合いよく配置されています。その為リノベーション後の間取り変更で、邪魔になるから「取って違う所に持っていけばいいだろう」という簡単な発想は禁物です。バランスよく配置され、尚且つ適切に配置されてこそ、「筋違は地震から建物を守る」のです。

 

 

 

取れない梁や柱だって取れる場合もある

柱や梁は、基本的には「取る」ことは難しいですが一概に「取る事は不可能」という事ではありません。柱や梁の中には、大梁(おおはり)と小梁(こばり)という梁があります。大梁は取る事はできませんが、小梁といわれる梁は、取る事はできます。取った分違う方法などで、補う事で取る事もできます。

水回りの移動は比較的自由に移動できる

戸建て住宅での「水周りの移動」は、マンションの様に制約が少ないという所が利点です。マンションでは、最終的に接続する箇所が決められていますが、戸建て住宅では自由度があるために、水回りの移動が比較的自由に移動しやすいのが、戸建て住宅の特徴のひとつです。

戸建住宅は木造より鉄骨造の方がおすすめ

戸建住宅のリノベーションでは、木造より鉄骨造をおすすめします。その理由は沢山あるのですが、一番は

「間取り変更の自由度がある」

「白アリの被害が少ない」

「耐久年数が高い」

といった所が、木造住宅より鉄骨住宅をおすすめする理由です。鉄骨住宅は、木造住宅の様に、部屋と部屋の間に「柱」が存在しない「ラーメン構造」という構造で構成されています。これは、マンションと同じ構造方法になります。その為にリビングを広げたいといった、部屋を大きく取るときなどに柱が途中に残ったままという状況が少ないのが、鉄骨住宅です。

また木造住宅で、よく見かける「白アリ」の被害もなく、耐久年数も木造に比べて長いという利点が鉄骨住宅をおすすめする理由の一つになります。

室内だけじゃなく外部も必要なのが戸建住宅のデメリット

リノベーションで室内ばかりを重要視できないのが、戸建て住宅のデメリットの部分です。中古戸建て住宅の多くが外部も劣化しています。その為に、屋根や外壁の塗装・玄関ドアの交換といった「外部のリフォーム」も必要になってくるのが、戸建て住宅リノベーションの特徴のひとつです。室内ばかりに予算を使ってしまうと、外部の塗装などといった部分に費用が当てれないといった事がないように、戸建て住宅リノベーションでは、室内・室外共に予算を組むのが正解です。

戸建住宅のリノベーションほど知識と経験で大きく変わる

近年のリノベーションブームの影響もあるのかもしれませんが、リノベーションは、今ある建物の室内を一旦壊してから新しく間取りをいちから作るという事です。それは、一見すると簡単そうに見えるかもしれません。しかしそうではなく、構造材の判断や各配管の取り決めなど、新築よりも難しい所があります。マンションでもそうですが、知識と経験で大きく変わってくるのが、リノベーションです。ましてやマンションよりも判断が難しくなってくる「戸建て住宅リノベーション」では、そのリノベーションに携わる人によって、リノベーション後の間取りや生活が大きく影響してきます。だからこそ

「戸建て住宅のリノベーションは専門知識が必要」

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧