【実録連載②】近隣住民さんへのご挨拶へ!

modern times(神戸市垂水区マンション)

前回【実録連載】着工前事前確認からお伝えしています、神戸垂水の

マンションリノベーション工事。いよいよ来週からリノベーション工事が始まるため、

ご近所さんへの工事前御挨拶にいってきました。最近では、新築の地鎮祭・上棟式と

同じようにこの工事前ご挨拶も段々と省かれご挨拶しない業者さんも増えてきています。

ご近所さんへのご挨拶の意味とは??

近隣住民さんへのご挨拶の意味は、「工事中騒音や材料の搬入など」でご迷惑が

かかる恐れがあるという事とマンションに作業着姿の人がうろうろすると

やはり不信ですので、〇〇号室でリフォームをしているという事を

マンションにお住まいの方に周知することの意味合いもあります。

近年はこの「工事前ご挨拶」をしない業者さんも増えています。しかし

マンションだけでなく一戸建て住宅でも、工事中と言うのは騒音や駐車関係で

周辺住民さんにご迷惑が掛かるわけですので、事前にきちんと挨拶をすることは

工事に携わる者のモラルの問題だと思います。

工事前ご挨拶の範囲は??

工事前のご挨拶は、マンションに住まれている方全てにするのではなく、

工事該当住戸の同じ階の方と真上階・真下階の方が基本になってきます。

今回も同じ階の方と真上階・真下階の方にご挨拶をしてきました。

同じ階の方は、一番騒音や共用廊下などを養生する為工事中一番ご迷惑が

掛かってしまう為です。真上階真下階の方もやはり騒音でご迷惑がかかります

その他の住民さんには、掲示板等による張り紙にて周知してもらいます。

近隣ご挨拶が終わるといよいよ工事が始まります

近隣住民さんへのご挨拶が終わるといよいよ工事が始まります。

来週からは解体作業が始まって行くわけですが、この「解体」がもっとも

騒音がする工程なので、細心の注意を払って取り掛かって行かなくてはいけません。

それでもやっぱり苦情が来る時があるので、その時はひたすら謝りご理解を

頂くしかないのですがね・・・

次回は解体風景をお伝えしていきたいと思います。どんな流れでリノベーションが

進んでいくのか?をこの連載でお伝えしていきたいと思います。

【物件購入+リノベーションという方はこちらもおよみ下さい

中古マンション購入前の注意点と契約前の同行見学について】

関連記事一覧

ブログリスト

CONTACT