天井下地も着々と(戸建住宅リノベーション)

リノベーション現場中継, 明石市戸建リノベーション

只今リノベーション中の明石市戸建て住宅。解体もあと少し。その一方で天井の下地組も進んできています。今回は天井高さが既存の天井高さと変わらないので、既存天井下地を利用できる所は、補強しながら新しく作る所は作り変えていきます。

天井下地も少しづつ出来てきました。また新しい壁の下地も少し出来てきていたので、垂直を確認。壁などの垂直を確認することを建築用語で、「たちをみる」といいます。これが狂っているとすべてが狂ってくるので大事な所です。といっても狂うことはまずないのですがね・・・

さて解体が終わるといよいよ新しい壁などの下地組が本格的になってきます。

この記事を書いた人

吉村章弘
吉村章弘一級建築士
神戸・宝塚・西宮周辺を限定にマンション・戸建住宅にちょっと無骨な空間にレトロやアンティーク・ビンテージをプラスしたスタイルのリノベーションを専門にしている一級建築士事務所です。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト