間仕切り壁現る!(明石市戸建てリノベーション)

リノベーション現場中継, 明石市戸建リノベーション

リノベーション中の明石市戸建住宅の現場模様をお伝えしています。現場のほうはいよいよ新しくできる「壁」の方が現れてきました。

正面の壁は、パントリーになる予定の壁。ここの建物は取れない壁があるために、パントリーの前に壁が来てキッチンになります。こういった取れない壁は、リノベーションでは絶対にでてくるのでその都度臨機応変に対応するのが一番ベスト。

間仕切り壁ができてくると、図面で想像していた広さと実際の広さの相違が出てきます。これは図面上ではどうしてもイメージしにくい部分でもあるので、「現場に来て確認してもらう」ということは大事ではないかと思います。

少しづつですが、現場にも変化が出てき新しい家に着々と進んでいきます。

この記事を書いた人

吉村章弘
吉村章弘一級建築士
神戸・宝塚・西宮周辺を限定にマンション・戸建住宅にちょっと無骨な空間にレトロやアンティーク・ビンテージをプラスしたスタイルのリノベーションを専門にしている一級建築士事務所です。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト