マンションリノベーションで考える子供部屋

マンションリノベーションの勉強

マンションでリノベーションを考える時に部屋の数や大きさ・配置は重要な所ではないでしょうか。例えばキッチンだと洗面所との動線を考慮して近くまたはキッチンから直接行き来できる配置にしたりと、それぞれの部屋の配置は「使いやすさ」を考える上でとても重要になってきます。

お子様のいるご家庭では、子供部屋をどうするか。という所も大事になってくるのではないでしょうか。マンションの一般的な大きさは、60㎡から80㎡前後が一番多い形態です。これは家族4人で住むという前提で作られている為です。その為マンションの間取りで多いのが、3LDKや4LDKといった間取りが多くなっています。

さてここで問題になってくるのが、リノベーション後の「各部屋の大きさ」です。寝室・子供部屋は何畳必要か?という所です。6帖?8帖?それとも10帖以上でしょうか。必要な部屋の大きさを決めるのは非常に難しい所です。

例えば子供部屋では、その部屋では「寝る・勉強する」が最低限できれば大きな部屋はいらない。となれば他のリビングや収納の部分に部屋の大きさを割り当てられます。その一方で各自のプライバシーを守れるようにするとなると、それなりの広さの部屋が必要になってきてしまいます。

「何処を優先する」や「普段の暮らし方」によって部屋の取り方も変わってきますが、その中でも「子供部屋」というのは少し特殊ではないでしょうか。小さい間は皆で使える様にしていて、成長にあわせて各部屋が区切れるように可変性を持たせるという考え方もできます。

またその一方で、最初からきっちりと「分ける」という考え方もできます。しかしいずれ子供は、そこで暮らさなくなってきます。そのことを前提に考えていくと、小さい間は、あまり区切らず成長と共に変化できる「可変性」を持たせておくと後々別の使い方もできるのではないでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト