リノベーションだからできる!「壁で遊ぶ」

マンションリノベーションの勉強

リノベーションでは、間取り変更のほかに天井や壁・床の仕上げに拘ることもできます。特に壁の仕上げは、少し遊んでみる面を作ることをお勧めします。全面同じ柄や色も良いですが、せっかくなので1面だけ違う感じにしたり、色を変えたりと「遊ぶ」面を作ってあげると、部屋の雰囲気もより一層オシャレにみえます。

ステンシルで遊ぶ!

何気ない真っ白の壁もステンシルと言われる文字を入れて上げるだけで、雰囲気がアップします。ステンシルには、スタンプになったものやかたどられた文字に塗装やスプレーを吹き付けるものなどあります。

木板の壁で遊ぶ!

壁の一面に木板を張って、壁にアクセントを作るのも有効です。古材を使ってワイルドにしたりちょっとペンキで汚してみたり、木の表情をそのまま生かしたりとアイデア次第で色んな表情がでます。

色で遊ぶ!

色を変えて遊ぶという方法は、もっともポピュラーです。1面だけクロスや珪藻土の色を変えてアクセントに。但しこの色を変えて遊ぶ方法は、簡単に見えて結構難しいです。周りの色に対して近似色を持ってくると、まったく目立たなくなります。一般的に言われているのが、全面色に対して反対色をもってくる。そうすると比較的失敗が少ないです。

全く違う素材で遊ぶ!

普段は仕上げ材に使われることのない「下地材」と言われる素材をあえて仕上げ材に使って「遊ぶ」と言う方法もあります。


下地材の表情は、比較的「無骨」なものが多いので無骨な雰囲気を作るには、あえて下地材を表面に使うのもおすすめです。但し元々下地材としての役割ですので、スタンプが有ったり荒い表情をしていますので、選ぶ際にはその辺りも考えて選びましょう。

せっかくのリノベ「遊び」を作ってオシャレに!

遊びを作ってあげるとお部屋は更にオシャレにみえます。これは壁や天井だけでなく、家具にも言える事です。例えば椅子なんかは、同じデザインの物を揃えるのも良いですが、バラバラなものをあえて選ぶとおしゃれ上級者にみえたり・・・せっかくのリノベーションなので「遊び」を作ってみるというのもいいのではないでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト