マンションリノベでの断熱材の重要性

リノベの基礎知識(マンション編)

神戸や阪神間でマンションや戸建て住宅にレトロやビンテージといったスタイルのリノベーションをご提案している一級建築士事務所がお伝えしているリノベーションの役立つ情報です。今回はマンションのリノベーションでの断熱材の重要性について少しご説明していきたいと思います

マンションは結露がしやすい建物

マンションは、木造住宅の様に隙間が一切ない建物です。コンクリートで覆われている為、風が抜ける隙間がなく室内で発生した水蒸気や熱気などが、外気の温度差によって結露が発生しやすい構造になっています。マンションは、戸建て住宅に比べて「暖かい」と言われるのが、この隙間がないためです。

隙間がないために暖かい反面、空気の入替が難しい。結露対策で最も効果的な「換気」がマンションではしにくいと言えます。

結露を防ぐ重要な要因

結露を防ぐためには、結露を発生しにくくする。という事が重要になってきます。その為にはまず、室内と室外の温度差をなくすという事が重要です。換気が最も結露に有効なのは、室内外の温度差が少なくなるためですが、1日中窓を開けっ放いにしているという事は難しいのが現状です。

その為に極力窓を閉めていても、室外の冷たい空気を室内に入れない様にする必要がでてきます。それが「断熱材」の役割になってきます。築浅のマンションでは、断熱材は必ずと言っていいほど施工されていますが築古マンションになると、断熱材の施工がされていなかったり断熱材が入っていても劣化しているという事が多く見られます。

リノベーションでは断熱施工は削減されがち

マンションのリノベーションでは、断熱材の施工は費用の面から削減されがちです。特に予算オーバーとなった時に一番に削減対象と考える施工業者さんも多くいます。しかしこの断熱施工を削減したり既存の断熱材が使えるからと言って、断熱を怠ると実際に住んでみると結露やカビで悩まされる。という事が起こることが多く見られます

せっかくリノベーションで希望の間取りなどを手に入れても、結露やカビで悩まされては意味がありません。例え予算的に厳しくても最低限、外気に接する部分には断熱材を一新し適切に施工しておく方が良いです。

窓もしっかりと断熱

マンションは壁だけでなく窓もしっかり断熱することをおすすめします。マンションの場合、窓は共用部に該当するため窓の交換は基本できません。ほとんどのマンションが単板ガラスと言われる1枚のガラスでアルミサッシの窓になっています。

その為冬の窓への結露は頻繁に起こりやすく、特にカーテンなどを吊るしているとカーテンが湿気カビだらけになってしまった。と言うのをよく聞きます。これらを防ぐ方法として、今の窓の室内側にもう一つ窓を作る「内窓」と言われる窓を設け、二重窓とすることをお勧めします。

まとめ

マンションリノベーションでの断熱施工は、どちらかと言うと疎かになりがちな工事ですがきっちりと工事しておくことをおすすめします。リノベーションでは、目に見える内装やデザイン重視になりがちですが本来のリノベーションでの原点でもある「暮らしやすさと快適性」を忘れたリノベーションが多くなりがちです。コスト的に断熱は削減されがちですが、マンションの場合この「断熱」を削減してしまうと「住みやすさ」というのも損なわれてしまう傾向があります。リノベーションでは、断熱も大事という事を忘れず快適なリノベーションライフを目指してみては如何でしょうか?

私たちでは、中古物件探しから内覧・リノベーションに関するご相談など受け付けています。リノベーションに特化した一級建築士がご対応していますので、お気軽にお問合せ下さい。

リノベーションに関するご相談・お問い合わせはこちらから

中古物件探しからのリノベーションの方はこちらから

中古マンション・中古戸建住宅の購入前内覧ご同行からご希望の方はこちらから

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ブログリスト